骨切幅寄せ
(鼻の根元を細く)

太すぎる鼻筋を寄せ
美しいノーズラインに

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
骨を切るにはいろいろリスクがあるようですが、骨を切らずに済む方法はありますか?
A
鵜飼潤医師

鼻の根元を細くする方法は、残念ながら骨を切るしかありません。ですが、例えば鼻を高くすることで鼻筋が整い、美しい形になることも考えられます。また、目を大きくすることで鼻の根元の太さが目立たなくなるということも考えられます。このほかにも、何か提案できることがあるかもしれません。その方の鼻の形や顔立ちに合わせて、様々な方法をご提案させていただきます。

Q
術後、どれくらい経過したら普段どおり鼻をかんだりする事ができますか?
A
高須克弥医師

3〜4週間後からは普段どおりに鼻をかむことができるようになります。それ以前だと、ティッュシュに血が付いたりすることがあります。術後安定するまでは、やさしく抑えるように鼻をかむなど、できるだけ刺激を与えない方がよいでしょう。こうした術後のケアについても、カウンセリング時などに丁寧にご指導させていただきます。

Q
術後に何か気をつけないといけない事はありませんか?
A
高須克弥医師

骨を切る手術なので、1ヶ月間位は切った骨が安定しておらず、強い外力が加わると変形することがあります。このため、術後1ヶ月間位は強い外力がかからないようにしなければいけません。具体的には、ボールをぶつけたり、強く押されたり、うつ伏せ寝で強く鼻を圧迫するようなことです。そのような状況にならないよう気をつけてください。

Q
骨を削る事で骨が薄くなって、骨折し易くなったりしませんか?
A
高須幹弥医師

骨切幅寄せの基本は骨を切って寄せる手術で、鼻の骨を削る手術ではありません。ですが、形を整える目的で、少し骨を削ることがあります。この場合も大きく削るわけではないので、そのせいで骨折しやすくなるようなことはありません。衝撃などについての耐性は、現在のご自身の鼻とさほど変わらないと考えていただいていいでしょう。

Q
鼻の骨は中心を切るのですか?それとも、両サイドを切るのですか?
A
高須幹弥医師

中心とサイドの両方です。具体的には、中央2か所と外側左右2か所を骨切りして、2枚の骨片を中央に寄せるる手術となります(中央を放してブラブラにした状態でギプスをして骨をくっつけます)。尚、鼻の内側(穴の中)から手術を行いますので、傷跡は目立ちません。またギブスでの固定は1週間ほどで、ちょうど術後約1〜2週間後に抜糸を行います。

Q
太さ高さ厚み、どれも立派で大きな鼻を小ぶりにするには?
A
高須克弥医師

ひとつの手術では難しいかもしれませんので、いくつかの鼻の手術を組み合わせるとよいと思います。鼻の形を小さく修正するには、鼻尖形成、鼻翼縮小、骨切幅寄せ、ハンプ切除etc.こうした手術を複数組み合わせることがよくあります。その方の状態を拝見した上で最適な手術方法をお勧めいたしますので、お気軽に診察にお越しください。