耳介軟骨移植(鼻先を出す)

ブタ鼻、ワシ鼻、だんご鼻・・・
鼻先の悩みを半永久的に解消

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

ヒアルロン酸注射と耳介軟骨移植で鼻のバランスを整えた症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、鼻筋の通った全体的にバランスの良い鼻になりたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、やや鼻根部が低く、あまり鼻筋が通っていませんでした。
また、鼻先が大きく丸い団子鼻をしていました。
鼻の美容整形で、バランスのとれた整った鼻にする場合の原則は、その人の鼻の欠点を挙げ、その欠点を治すことにあります。
そのため、鼻根から鼻背にかけてシリコンプロテーゼを入れ、鼻尖形成(鼻尖縮小)をして鼻先を細くし、耳介軟骨移植で鼻先を斜め下方向に出すことをおすすめしました。
その結果、シリコンプロテーゼはなんとなくしたくないというご要望や、予算の都合等により、鼻のヒアルロン酸注射と鼻先の耳介軟骨移植をすることになりました。
ヒアルロン酸は通常の鼻専用のものを約0.7cc鼻根部から鼻背にかけて注入しました。
耳介軟骨移植は、片方の耳の穴の中から20×10mm程度外耳道の耳介軟骨を採取し、鼻先が斜め下方向に延長されるように移植しました。
術後は、鼻筋が通り、鼻先が出たため、術前に比べバランスが良くなり、患者様には大変満足していただきました。
この後、シリコンプロテーゼを入れたり、鼻尖形成(鼻尖縮小)をすることも可能で、それらの手術をすると更にバランスの良い整った鼻になります。

術後の経過

■術後の経過:正面

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
鼻根部~鼻背にかけてヒアルロン酸を注射し、鼻先に耳介軟骨移植をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔注射の影響などにより腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
大きな腫れは引いています。

2ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

2ヶ月後です。
ほとんど腫れは引きました。

■術後の経過:斜め

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。

2ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

2ヶ月後です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る