耳介軟骨移植(鼻先を出す)

ブタ鼻、ワシ鼻、だんご鼻・・・
鼻先の悩みを半永久的に解消

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

鼻シリコンプロテーゼ+鼻先耳介軟骨移植の症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、鼻を高くして鼻筋を通したいというご要望で来院されました。
診察させていただいたところ、日本人特有の凹凸の少ないのっぺりした平らな顔をしており、鼻筋はあまり通っていませんでした。
鼻は全体的にあまり高くなく、鼻先の皮膚がやや厚く、軽い団子鼻でした。
患者様は、「ヒアルロン酸注射などのいずれ元に戻ってしまうプチ整形ではなく、永久的な効果の手術がいい」というご希望でした。
鼻筋を通し、鼻先の形を整えるため、眉間の下部~鼻根~鼻背にかけてI型シリコンプロテーゼを入れ、鼻先に耳介軟骨移植をすることになりました。
シリコンプロテーゼは、鼻根部の一番低いところが約3.5mm高くなるようにし、眉間、鼻背にかけて薄くなるようにデザインして、右の鼻の穴の中を切開し、骨膜下に挿入しました。
耳介軟骨移植は、鼻先が斜め下方向(前方尾側)に約3mm出るように、クラッシュした軟骨をオンレイグラフトしました。
手術後はほどよく鼻筋が通り、患者様には大変満足していただきました。
平らでのっぺりした顔に、あまりに高すぎるシリコンプロテーゼを入れると、鼻だけ浮き上がった不自然な鼻になることがあるので、高すぎないシリコンプロテーゼを入れることが重要です。
鼻先の耳介軟骨移植は、無理して鼻先を出そうとすると、鼻先の皮膚が薄くなっていき、皮膚の表面に軟骨の輪郭が浮き出て不自然になることがあります。
今回の手術は、どちらの手術も、自然な範囲内、安全な範囲内で行ったため、仕上がりは綺麗で自然であり、将来的にも不自然になることはありません。

術後の経過

■術後の経過:正面

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
鼻のシリコンプロテーゼと耳介軟骨移植をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔注射の影響で腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

6日後

高須幹弥医師からのコメント

6日後です。
大きな腫れは引いています。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

■術後の経過:斜め

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。

6日後

高須幹弥医師からのコメント

6日後です。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。

■術後の経過:横

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。

6日後

高須幹弥医師からのコメント

6日後です。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る