他院で受けた美容整形外科
手術の修正(鼻)

こんなハズではなかった…
その不満、高い高須の技術で解消します

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

特集 どんな難しい要望にも可能な限り、お応えします。 他のクリニックで受けた手術の修正手術をできる限り高須クリニックではお受けしています。その理由を高須幹弥医師がお話します特集 どんな難しい要望にも可能な限り、お応えします。 美容整形外科手術の修正手術をできる限り高須クリニックではお受けしています。その理由を高須幹弥医師がお話します

何故、他院の失敗手術の修正手術美容整形外科手術の修正手術をすることを嫌がるクリニックや医者が多いのか?

高須クリニックには、他院で手術を受けて失敗され、修正手術希望で来院される患者様が非常に多いです。
そのような患者様の話を聞くと、「高須クリニックを予約する前に、他のクリニックにも何軒か電話したのですが、『うちのクリニックは他院で受けた手術の修正美容整形外科手術の修正は受け付けていません』と言われ、断られてしまいました」「他院にも何軒かカウンセリングに行ったのですが、『他院の失敗手術の修正美容整形外科手術の修正は専門ではなく、あまり得意でないので、できれば別のクリニックに行っていただけますか?』と言われ、断られたので、高須クリニックに来ました」などとおっしゃることが多いです。
また、「高須クリニック以外にも別のクリニックにカウンセリングに行ったのですが、嫌そうな態度をとられ、なんか手術したくなさそうだったので、そこで手術するのをやめてここに来ました」などとおっしゃる患者様もいらっしゃいます。
何故、こんなにも他院の失敗手術の修正手術美容整形外科手術の修正手術をすることを嫌がるクリニックや医者が多いのでしょうか?

理由は主に、

  • 技術的に難しいから
  • 儲からないから
  • 裁判などのトラブルに巻き込まれる可能性があるから

の3つです。
以下に、それぞれの理由について詳しく解説します。

 

① 技術的に難しいから

他院で失敗された症例の修正手術美容整形外科手術の修正手術は非常に難しいです。二重まぶたなどの目元の手術にせよ、鼻の手術にせよ、豊胸手術などバストの手術にせよ、脂肪吸引にせよ、一度手術した部位は、表面に傷跡があり、内部は瘢痕組織ができているため、硬くなっています。手術を繰り返せば繰り返すだけ瘢痕は硬くなっていくため、一般的に、手術の難易度は上がっていき、仕上がりが綺麗になりにくくなっていきます。
具体例を挙げると、他院で鼻にL型シリコンプロテーゼを入れられた後、プロテーゼが上に移動して、拘縮を起こし、鼻先が上に向いてしまった例などです。その場合、安全なI型シリコンプロテーゼに入れ替えて、鼻先を下げるように耳介軟骨を移植することが多いのですが、瘢痕ができて拘縮して上に上がっている鼻先を下に向けるのは高度な技術がいります。
一方、修正手術ではない通常の手術(初回手術)は、傷跡や瘢痕組織がないため、皮膚や組織が柔らかく、手術がやり易いです。何も手がつけられていない正常な解剖であるため、特殊なケースを除けば、教科書通りの手術をすることによって、安定した結果を得ることができます。
そのため、手術の技術レベルが低い医者、手術に自信がない医者、経験の浅い医者は、難しい他院の手術の修正手術美容整形外科手術の修正手術を避け、比較的難易度が低くて安全な初回手術だけをやる傾向にあります

 

② 儲からないから

他院の失敗手術の修正手術美容整形外科手術の修正手術を引き受けると、初回手術だけをやる場合に比べ、売上げが上がらず、利益が出にくいです
初回手術のカウンセリングをした場合、ほとんどの患者様は手術の適応がありますが、修正手術希望の患者様は手術の適応外になることがあり、その場合、カウンセリングだけして、何もせずにお帰りいただくことになります
具体例を挙げると、二重まぶた切開法で幅を広くし過ぎてしまった患者様が、二重の幅を狭くしたいと希望されるケースなどがあります。前医の手術で、上まぶたの皮膚を切除していない場合or切除した皮膚の量が少ない場合、脂肪を切除していない場合or切除した脂肪の量が少ない場合などでは、前回の手術の切開線の傷跡を含めて皮膚を切除し、新たな二重のラインを下に作るように内部処理を行えば、二重の幅を狭く修正することができます。また、まぶたの開きがあまり良くなければ、眼瞼下垂手術をすることにより、目を開けたときの二重の幅を狭くすることができます。
しかし、前医の手術で、上まぶたの皮膚を大量に切除されている場合は、それ以上皮膚を切除してしまうと、目を閉じることができなくなるので、皮膚を切除して幅を狭くする修正手術ができない場合があります。その場合、まぶたの開きがあまり良くなければ、眼瞼下垂手術をすることにより、二重の幅を狭くすることができることがありますが、既にまぶたの開きが良ければ、それ以上まぶたの開きを良くしてしまうと、ビックリしたようなギョロ目になったり、黒目の上の白目が見えてしまう上三白眼になってしまうので、結果として、修正手術が何もできないことになります。
修正手術をすることができない場合、診察、カウンセリングで、修正手術ができない理由を説明し、納得していただき、お帰りいただくことになります。
その場合、当然手術代金は入らないので、クリニックの売り上げは0です。クリニックの経営には、人件費、家賃、材料費、メンテナンス費などが常時かかるので、売り上げ0円のことに時間と労力を割くということは、利益はマイナスであり、経営的には痛手になります。
修正不能の患者様に、「せっかく来ていただいて申し訳ありませんが、修正手術をすることはできません」とお伝えすることは、伝える医者にとって大変辛いことであり、患者様はもっと辛いです。中には、なかなか納得してくださらず、何故修正手術が不可能なのか、時間をかけて説明しても帰ってくださらない患者様もいらっしゃいます。診察を受けても修正手術ができない可能性があることは、電話予約、メール予約の際にきちんとお伝えするようにしているのですが、それでもなかなか納得してくださらず、最終的には患者様も医者も無言になり、沈黙の時間だけが延々と流れる状態になってしまいます(そうなると、診察する医者も本当に辛いです)。
そういった理由で、お金儲け主義で、効率よく合理的に利益をあげようとする医者やクリニックは、予約の段階で最初から他院で受けた手術の修正手術美容整形外科手術の修正手術を断ることにしている場合が多いです。

 

③ 裁判などのトラブルに巻き込まれる可能性があるから

他院で受けた失敗手術を修正美容整形外科手術の修正しようとして手を出すと、修正手術した医者が裁判などのトラブルに巻き込まれてしまうことがあります
具体例を挙げると、他院で目頭切開を受け、涙丘(目頭の赤い粘膜の部分)が丸見えになって、寄り目でキツい印象になった上に、大きくて汚い傷跡が残った症例に修正手術をしたケースです。そのような症例の場合、例えば、V-Y法で蒙古襞形成を行い、必要な分だけ涙丘を隠し、目と目の間隔を広げ、柔らかい印象になるように修正手術をすることがあります。
その場合、医者は手術前のカウンセリングで、「蒙古襞を作ることにより、丸見えになっている赤い粘膜の部分が隠れ、キツい印象が解消されます。」「目と目の距離が広がるので、寄り目が解消されます。」「傷跡に関しては、前医の手術の傷跡がかなり大きくて汚いので、完全に綺麗にすることはできず、傷跡を切除縫縮した分だけわずかにマシになる程度です」などのことを説明します。
手術後に、説明した通りになったら、ほとんどの患者様は、「目がキツい印象でなくなりました。傷跡はまだ多少気になるけど、前の手術の傷跡が酷すぎたのでしょうがないですよね。でも前よりは良くなったので修正手術して良かったです。」とおっしゃいます。

しかし、患者様の中には、手術前に説明した通りになっても、術後にトラブルになってしまうことがあります。
粘膜が丸見えで寄り目でキツい印象がなくって、傷跡が少しマシになっても、あくまでまだ汚い傷跡はあるため、完全に不満は解消されておらず、美容整形による後遺症が残っているからです
美容整形による後遺症が残っていれば、知り合いに、「傷が汚いね」「手術したのバレバレだね」「完全に失敗だね」などと言われたり、周囲の人達に陰口を言われ、嫌な思いをすることもあるかもしれません。

もともとうつ病やうつ病気質の患者様の場合、被害妄想が強くなります。もともとうつ病でなくても、それらが引き金で不眠症やうつ病を発症すると、やはり被害妄想が強くなります。
恋人に振られたり、人間関係や仕事が上手くいかなかったりすると、仮にその原因が目頭の傷跡でなく、本人の人格に問題がある場合でも、上手くいかないのは全て目頭の傷跡のせいだと思い込んでしまいます。

すると、中には、「目頭の傷跡が余計に酷くなった!」「目頭の傷跡のせいで仕事をクビになったのは先生のせいだ!」「先生が手術したせいで不眠症になってうつ病を発症した!」などと言われて、怒りの矛先が全て修正手術をした医者の方に向けられ、トラブルになることもあります。

最悪の場合、患者様が修正手術をした医者を裁判で訴える可能性もあります。その場合、根本的な原因を作ったのは前医なのに、すでに修正手術をしているので、前医の手術に問題があったことを証明するのが難しくなります
結果的に、前医は失敗手術をしたのに、手術代金は稼いだうえに、無罪放免で、責任は修正手術をした後医に転嫁されたことになります。そういったこともあり、他院の失敗手術の修正手術美容整形外科手術の修正手術は、初回手術に比べ、トラブルに巻き込まる可能性が圧倒的に高く、他院の修正手術美容整形外科手術の修正手術を引き受けることを避ける医者やクリニックが多いです。

以上、①②③の理由から、他院の失敗手術の修正手術美容整形外科手術の修正手術をすることを嫌がったり、最初から断る医者やクリニックが多いというのが、今の日本の美容外科の現状です。
しかし、高須クリニックは他院の失敗手術の修正手術美容整形外科手術の修正手術をすることを嫌がったり、最初からお断りすることは絶対にしません。修正手術をしてくれるクリニックがなければ、困っている患者様、泣いている患者様がとりつく島もなく、浮浪し続けることになってしまいます。他院で失敗された患者様は、高いお金を払った上に、悪い結果にされてしまった、本当に可哀想な被害者なのです
高須クリニックは、悩める患者様達の最後の駆け込み寺でなければなりません。そのためにも、手術技術レベルの高い医者を揃え、常日頃精進し、利益だけを追求せず、患者様に幸せに導くことを第一に考えています。

高須動画センター MikiTube

他院で鼻に注入したアクアミド、バイオアルカミド除去手術 術前の解説

他院で鼻に注入したアクアミド、バイオアルカミドを除去する手術前のデザインを解説します。この手術は、他の吸収されないエンドプロテーゼ、エンドプラスト除去手術も同じ操作で行います。このモニターは鼻筋にアクアミド、バイオアルカミドが注入されており・・・

詳しく見る

閲覧注意!他院で鼻に注入したアクアミド、バイオアルカミド除去手術 手術中の映像

血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!他院で鼻に注入したアクアミド、バイオアルカミドを除去する手術風景です。切開する右の鼻へ麻酔を注射します。その後に鼻の中を切開しアクアミド、バイ・・・

詳しく見る

他院で鼻に注入したアクアミド、バイオアルカミド除去手術後の解説

他院で鼻に注入したアクアミド、バイオアルカミドの除去手術後の解説です。手術直後で、麻酔のために腫れていますが術前よりもブヨブヨやデコボコは改善されすっきりしました。皮膚の深い部分に塊で入っていたため、たくさん除去することができましたが、皮膚・・・

詳しく見る

鼻のシリコンプロテーゼ入れ替え+耳介軟骨移植 手術前の解説

他院で行った鼻のシリコンプロテーゼ入れ替えと耳介軟骨移植を行うモニターの鼻のデザインについて解説します。皮下に入ったL型プロテーゼをI型プロテーゼに入れ替え、鼻先を斜め下方向へさげ上がっている鼻先を目立たせないように手術します。

詳しく見る

閲覧注意!鼻のシリコンプロテーゼ入れ替え+耳介軟骨移植1/5 局所麻酔注射

血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!他院で行った鼻のシリコンプロテーゼ入れ替えと耳介軟骨移植を行います。耳元と鼻へ局所麻酔の注射を打っている動画です。麻酔についても解説します。

詳しく見る

閲覧注意!鼻のシリコンプロテーゼ入れ替え+耳介軟骨移植2/5 耳介軟骨の採取

血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!他院で行った鼻のシリコンプロテーゼ入れ替えと耳介軟骨移植を行うモニターから耳介軟骨を採取している動画です。耳の穴の中から取ったので、傷跡は目立ちません。採取した軟骨の細工についても解説します。

詳しく見る

閲覧注意!鼻のシリコンプロテーゼ入れ替え+耳介軟骨移植3/5 L型プロテーゼ除去

血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!他院で入れたL型プロテーゼを除去している手術風景動画です。他院で入れたL型プロテーゼは骨膜下ではなく皮下に入っていましたが、スムーズに抜くことができました。入っていたL型プロテーゼを確認し、新しく入れるI型プロテーゼのサイズ等を確定させます。

詳しく見る

閲覧注意!鼻のシリコンプロテーゼ入れ替え+耳介軟骨移植4/5 I型プロテーゼの作成

血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!他院で入れたL型プロテーゼを除去した後に新しく挿入するI型プロテーゼとそのデザインについて解説します。モニターに合わせてI型プロテーゼを調整します。

詳しく見る

閲覧注意!鼻のシリコンプロテーゼ入れ替え+耳介軟骨移植5/5 骨膜下の剥離 I型プロテーゼの挿入

血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!I型プロテーゼを挿入するスペースを作成後、I型プロテーゼを挿入し耳介軟骨を移植する手術風景動画です。他院の手術では皮下に入っていたため、骨膜下を剥離します。モニターに合わせてI型プロテーゼを調整します。

詳しく見る

閲覧注意!鼻中隔延長手術の修正① 局所麻酔注射 韓国で受けた手術のやり直しです

血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!韓国で受けた鼻中隔延長手術の修正手術を行います。局所麻酔の注射を打っている動画です。

詳しく見る

閲覧注意!鼻中隔延長手術の修正② 皮膚切開、オープン、軟骨の露出 韓国で受けた手術のやり直しです

血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!皮膚切開から、軟骨を露出させるまでの手術風景動画です。このモニターは鼻先に肺軟骨を使用しており固まってしまっているため、ブタ鼻を作ることができません。複数回、鼻先の手術をした場合の癒着についても、解説します。

詳しく見る

閲覧注意!鼻中隔延長手術の修正③ オープン法、ゴアテックス除去

血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!他院で鼻へ挿入されたゴアテックス除去をしている手術風景動画です。鼻先に入っていたゴアテックスについても解説します。

詳しく見る

閲覧注意!鼻中隔延長手術の修正④ オープン法、移植された軟骨の除去

血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!軟骨を削っている手術風景動画です。このモニターはゴアテックスに合わせて軟骨を移植しているため、ゴアテックスを除去したことにより、移植された軟骨部分が出ています。軟骨部分を軽く削り、なだらかに丸みを出し自然な鼻先にします。

詳しく見る

閲覧注意!鼻中隔延長手術の修正⑤ 皮膚、粘膜縫合 表面の皮膚はナイロン糸で縫合します

血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!鼻に入っていたゴアテックスの除去、軟骨を削り鼻中隔延長の修正手術が終わりました。皮膚、粘膜を縫合している動画です。表面の皮膚はナイロン糸、鼻の穴の中の粘膜は溶ける吸収糸で縫合します。

詳しく見る

鼻中隔延長手術の修正手術直後の映像 ギプス固定はせず、テーピング固定のみにしました

他院で行った鼻中隔延長手術の修正手術直後の解説動画です。手術中に出血が多くなかったためギプス固定はせず、テーピングで圧迫固定のみにしました。

詳しく見る

鼻中隔延長手術の修正手術後1週間の経過映像 大きな腫れは引いています

他院で行った鼻中隔延長手術の修正手術をして一週間後の経過を解説します。他院でオープン式で手術を行っていたため、今回もオープン式で手術を行いました。

詳しく見る

Dr.高須幹弥の美容整形講座

鼻に注入されたアクアミド、アクアジェルを除去した後、シリコンプロテーゼはいつ入れられるか?

鼻の診察をしているとよく、他院でアクアミド、アクアジェル、バイオアルカミドなどを鼻に注入している人が、シリコンプロテーゼを希望されることがあります。アルカミド、アクアジェル、バイオアルカミドは、ヒアルロン酸などの吸収性注入物とは異なり、・・・

詳しく見る

鼻のシリコンプロテーゼ入れ替え(交換)手術について。術後の腫れ、経過、ダウンタイムなど

高須クリニックにはよく、他院で入れた鼻のシリコンプロテーゼを入れ替えたい、交換したいという方がいらっしゃいます。入れ替え手術をしたい理由は、形が気に入っていないから入れ替えしたい。低すぎるので、もっと高いシリコンプロテーゼに入れ替えたい。・・・

詳しく見る

鼻中隔延長術の修正手術は6ヶ月待たずにすぐ行ったほうが良い場合もある?

高須クリニックには、他院で鼻中隔延長手術を行い、結果に満足していなくて、修正手術目的で来院される方がよくいらっしゃいます。その方達の多くは、「外人のような鼻になってしまい、自分に合っていないから、元に戻したい」「鼻の通りが悪くなり、鼻づまりが酷くなって息がしずらいから元に戻したい」・・・

詳しく見る

アクアミドやレディエッセや種類の異なるヒアルロン酸などが注入部位で混ざるのは大丈夫なのか?

よく高須クリニックのメールの問い合わせなどで、「他院で鼻にアクアミドを注入しているのですが、この上からヒアルロン酸を注射することはできますか?」「他院で顎にレディエッセを注入しているのですが、この上からヒアルロン酸を注射することはできますか?」・・・

詳しく見る

鼻にL型シリコンプロテーゼが入っている人はどうしたらよいのか?

よくメールのお問い合わせなどで、「他院で鼻にL型シリコンプロテーゼを入れたのですが、ネットで色々調べてみると、L型プロテーゼが上にずれたり、鼻先から飛び出たり、トラブルが多いということを知り、とても不安になりました。私はどうしたらよいのでしょうか?I型プロテーゼに入れ換えるべきなのでしょうか?」・・・

詳しく見る

既に鼻にシリコンプロテーゼが入っている人が鼻先の耳介軟骨移植や鼻尖形成をすることはできるのか?

よくメールの問い合わせなどで、「今、鼻にシリコンプロテーゼが入ってるんですが、鼻先に耳介軟骨移植をしたり、鼻尖形成をすることはできますか?」と御質問いただきます。私の答えは、「高須クリニックでI型プロテーゼを入れた方は、ほとんどの場合、耳介軟骨移植や鼻尖形成をすることができます」「他院でI型プロテーゼを入れた方は、耳介軟骨移植や鼻尖形成をすることができる可能・・・

詳しく見る

鼻に入っているシリコンプロテーゼを抜くのと同時にヒアルロン酸を注射することはできるのか?

よく鼻にシリコンプロテーゼが入っている患者様で、プロテーゼを抜いて、同時にヒアルロン酸を注射したいという方がいらっしゃいます。プロテーゼを抜きたい理由は、「他院でプロテーゼを入れたけど、形が気に入らないから」、「L型プロテーゼが危険だということは知らず、他院でL型プロテーゼを入れてしまったから」、「何十年も前にプロテーゼを入れ、棺桶に入る前に取ってしまいたいから」、「何となく異物が入っていることに抵抗があるから」など様々です。・・・

詳しく見る

鼻にレディエッセが入っている状態で、シリコンプロテーゼを入れる場合はどうするのか?

高須クリニックにはよく、他院で鼻にレディエッセを入れた後、シリコンプロテーゼを入れたいという方がいらっしゃいます。レディエッセは、ハイドロキシアパタイトを主成分とした注入物で、注入後は1〜2年くらいかけて吸収されてなくなるといわれています。・・・

詳しく見る

ヒアルロン酸をヒアルロニダーゼで溶かした後、いつ同じ部位にヒアルロン酸を注射できるのか?

ヒアルロン酸を注射した後、ヒアルロニダーゼでヒアルロン酸を溶解させる場合があります。多いのは、他院で安価な柔らかいヒアルロン酸を鼻に注射して横に広がって鼻が太くなってしまった場合や、目の下や法令線に質の悪いヒアルロン酸を技術がない医者が注射して凸凹になってしまった場合などです。 ・・・

詳しく見る

鼻中隔延長手術の長期経過はどうなのか?本当に安全なのか?また、耳介軟骨移植とどう違うのか?

鼻中隔延長手術というのは、鼻の中にあって鼻の支柱である鼻中隔の鼻中隔軟骨に、耳介軟骨あるいは肋軟骨を2枚重ねにして鼻中隔を延長して、鼻先を伸ばす手術です。耳介軟骨より肋軟骨のほうが硬いため、肋軟骨で行うほうが鼻先を大きく出せると言われていますが、その代償として胸に大きな傷が残ります。・・・

詳しく見る

鼻のプロテーゼの入れ替えをする場合、抜くのと同時に入れられるのか?

高須クリニックには、他院で鼻のプロテーゼを入れて、入れ替え希望で来院される方がたくさんいらっしゃいます。入れ替えをしたい理由としては、もっと高くしたい。もっと低くしたい。もっと太くしたい。もっと細くしたい。曲がって入っている。骨膜下でなく、皮下に入っているので、指で触るとグラグラする。L型プロテーゼが入っており、鼻先の皮膚が薄くなっている、豚鼻になっているな・・・

詳しく見る