他院で受けた手術の修正(鼻)

こんなハズではなかった…
その不満、高い技術で解消します

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

他院で入れた鼻のL型シリコンプロテーゼをI型に入れ替えて耳介軟骨移植と鼻翼縮小を行った症例写真

ビフォー・アフター

Before After(3ヶ月後)
Before After(3ヶ月後)
Before After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、他院で鼻にL型シリコンプロテーゼが入れられていました。
L型プロテーゼの折れ曲がりの頂点の部分が鼻先の上のほうに位置しており、鼻先が上がって、正面から見て鼻の穴が丸見えになっている状態でした。
患者様のご希望は鼻先が上がっているのを修正し、合わせて小鼻が広がっているのを治したいということでした。
手術はL型プロテーゼをI型プロテーゼに入れ替えて、鼻先に耳介軟骨移植をして鼻先を斜め下方向に出し、鼻翼縮小で約6mmづつ鼻翼を切除することになりました。
術後は不自然に上がっていた鼻先が自然に斜め下方向に出て、広がっていた小鼻も小さくなり、上品な鼻になりました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
強く腫れています。
ギプスやテーピングはする必要がないのでしていません。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
たくさんの手術を同時にしたので内出血しています。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

3ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
ほぼ腫れは引きました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る