隆鼻術(シリコンプロテーゼ)

きめ細やかな調整だからできる
パーフェクトな鼻筋

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

眉間~鼻筋にかけてのシリコンプロテーゼ+エラボトックス注射をした20代男性の症例写真

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性の患者様で、鼻が低く、鼻筋が通っていないのと、エラが張っていることが悩みで来院されました。
診察させていただいたところ、特に眉間~鼻根部(鼻の目と目の間の部分)が低く、あまり鼻筋が通っていませんでした。
エラに関しては、エラの骨はそれほど発達しておらず、エラの筋肉(咬筋)がやや大きく発達しており、正面から見たときの顔の下半分の横幅がやや広めでした。
鼻に関しては、ヒアルロン酸注射のようないずれなくなるものではなく、永久的な効果のある治療を希望されていたので、シリコンプロテーゼを入れることになりました。
高さの足りない眉間~鼻根部~鼻背にかけてプロテーゼが入るようにデザインし、最も低い鼻根部の部分は4mm高くなるようにしました。
術後は、眉間~鼻根部~鼻背にかけて、自然な範囲内で高くなり、綺麗に鼻筋が通りました。
エラに関しては、鼻シリコンプロテーゼの手術後3ヶ月の時点でエラボトックス注射をしました。
エラボトックス注射の効果で、顔の下半分の横幅が小さくなり、輪郭、フェイスラインがシャープになって、患者様には大変満足していただきました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る