隆鼻注射
(ヒアルロン酸注射)

注射1本の気軽さ
施術中の確認で、思い通りの鼻筋に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
既にヒアルロン酸で横に広がった太い鼻にシャープラインノーズを注射し、鼻筋を通すことはできますか?
A
高須幹弥医師

結論からお話ししますと、この場合、一旦ヒアルロニダーゼを注射して他院で入れたヒアルロン酸を全て溶解、吸収させ、後日シャープラインノーズを注射するのが良いです。

その場合、ヒアルロニダーゼを注射してからシャープラインノーズを注射するまでの間隔は1週間以上空けるのが望ましいです。

他院で注入されているヒアルロン酸をヒアルロニダーゼで溶かさないで、そのままシャープラインノーズを注入すると、他院の柔らかいヒアルロン酸の中にシャープラインノーズを注入することになります。

すると、他院の柔らかいヒアルロン酸とシャープラインノーズが混ざり、他院の柔らかいヒアルロン酸の内圧が高まり、他院のヒアルロン酸が更に横に広がる可能性もあります。

そのため、他院で入れた柔らかいヒアルロン酸をヒアルロニダーゼで完全になくし、一旦リセットしてからシャープラインノーズを注入するのがベストです(この場合、ヒアルロニダーゼの料金もかかります)。

シャープラインノーズは、通常のヒアルロン酸とくらべ、ヒアルロン酸の密度が高く、硬さと張りがあるため、横に広がって太い鼻になることはありません。

ただし、他院で入れたヒアルロン酸が少ししか残っていない状態であれば、ヒアルロニダーゼを注射せずに、そのままシャープラインノーズを注入し、シャープな鼻筋を作ることができることもあります。

その場合も、本当は、他院で入れたヒアルロン酸をヒアルロニダーゼで完全になくしてから、シャープラインノーズを注入するほうが、より綺麗な鼻筋になることが多いし、100%シャープラインノーズになるので、ヒアルロン酸の持ちも良いです。

患者様の予算、通院回数を減らしたいか、早くやりたいかなどのご都合に合わせて、最適な方法をアドバイスさせていただきます。

Q
プロテーゼが入っていますが、その上からヒアルロン酸を入れる事はできますか?
A
高須幹弥医師

ある程度の量を入れることは、可能な場合が多いです。ただし、皮膚の薄い人や皮膚に余裕のない大きなプロテーゼが入っている人は無理な場合があります。その方の状態によって変わってきますので、詳しくは医師にご相談ください。もしヒアルロン酸が入れられない場合は、何か別の鼻を高く見せる方法をご提案する場合もあります。

Q
注射した後に、ヒアルロン酸が広がったり流れたりしませんか?
A
奥田裕章医師

通常はありません。ただし、無理にたくさん注入した場合、ヒアルロン酸が両サイドに流れて幅の広い鼻になってしまうことがあります。また、他院で安価なヒアルロン酸を鼻に注入すると、術後に広がってしまうことがあります。当院では鼻専用の高品質なヒアルロン酸を使用し、適切な量を丁寧に注入しますので、余程入れ過ぎない限りはまず広がることは考えにくいです。

Q
鼻先にも打つ事ができます?
A
高須克弥医師

基本的に鼻先にヒアルロン酸を注入することはおすすめしません。注入し過ぎると鼻先の周囲にヒアルロン酸が拡がってしまい、だんご鼻のようになってしまうことがあります。ヒアルロン酸は鼻の根元や目と目の間辺りに注入するのが最も適しています。美しい仕上がりのために、適正部位に適量を注入することをお勧めします。

Q
斜鼻修正はこのヒアルロン酸注射で可能ですか?
A
高須幹弥医師

ある程度は、斜鼻を修正することが可能です。ヒアルロン酸を曲がっているところに注入することによって、修正していきます。ただし、曲がっている骨や軟骨の土台そのものをまっすぐにすることはできないため、修正には限界があります。根本から斜鼻を改善するには、曲がっている骨から整える治療(斜鼻修正)をお勧めすることがあります。

Q
体に悪影響はありませんか?
A
清水弘己医師

ヒアルロン酸はもともとご自身のお体の中にもある成分ですので、アレルギーなどの悪影響をおよぼすことは可能性は極めて低いです。ヒアルロン酸注射は、プチ整形の代名詞ともいわれ、隆鼻以外にもバストアップやしわの改善など、様々な部位に使われています。また当院では、持続力や安全性の高い高品質のヒアルロン酸を採用しております。

Q
鼻を高くするヒアルロン酸の持続期間はどのくらいですか?
A
高須幹弥医師

鼻専用のヒアルロン酸は約1年間十分な効果が持続し、約2〜3年かけて徐々に体内に吸収されます。長期持続型のヒアルロン酸はその約3倍の持続効果があります。費用も効果の持続期間に合わせて設定させていただいております。

Q
妊娠中なのですが、麻酔やヒアルロン酸は胎児に影響するでしょうか?
A
高須克弥医師

ヒアルロン酸や注入の前に行うクリーム麻酔による少量の麻酔が、胎児に影響するということは、まず考えられません。しかし当院では、体調がデリケートになっている妊婦さんのことを考え、念のためにヒアルロン酸注入はお止めいただいております。出産後、心身ともに落ち着かれて安定しましたら、改めてご検討いただければと思います。

Q
鼻の穴を小さくしたいのですが、どんな手術がありますか?
A
森本剛医師

鼻の穴の大きさは、色々な方法で改善することが可能です。例えば、小鼻縮小手術をすると、鼻の穴も小さく目立たなくなります。もともとの鼻の形にもよりますが、鼻のプチ整形(ヒアルロン酸注射)や鼻筋を高くする手術(プロテーゼ隆鼻術)で鼻の穴を目立たない印象にすることもできます。その方の状態やご希望に合せて、適切な方法をご提案いたします。