斜鼻修正
(曲がった鼻をまっすぐに)

すっとまっすぐな鼻筋で
見違えるような爽やかな顔に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

斜鼻修正(曲がった鼻をまっすぐに)の特徴

顔の中心にある鼻が曲がっていると、顔全体がアンバランスな歪んだ感じに見えてしまいます。斜鼻の原因は、先天的な場合や交通事故など様々。また、曲がっている状況も、人それぞれに異なります。
『斜鼻修正』の手術は、曲がっている部分の鼻の骨を切り、美しく整えて固定するというもの。軟骨にまで斜鼻がおよんでいる場合は、鼻の骨を整えた後に軟骨の修正も行います。また、シリコン挿入やヒアルロン酸注射などの施術方法もある程度有効な場合があります。状態に応じた適切な施術で、歪みをすっきり解消し、まっすぐ鼻筋の通った美しい形状に仕上げます。

鼻の手術診察風景

斜鼻修正(曲がった鼻を真っ直ぐにする)の治療法と適応について

斜鼻修正(曲がった鼻を真っ直ぐにする)の治療法と適応について解説させていただきます。

斜鼻修正は、主に、ヒアルロン酸注射で修正するか、手術で修正するかの2つの方法があります。

ヒアルロン酸注射の場合

ヒアルロン酸注射は、外傷、骨折などで鼻が曲がってしまった人、生まれつきや成長過程で鼻が曲がっている人に対して行い、ほぼ全てのタイプの曲がっている鼻、左右非対称の鼻の治療に適応があります。

なるべく左右対称になるように、凹の部分には注入し、凸の部分には反対側に注入して膨らませます。

曲がっている鼻筋を真っ直ぐにするには、なるべく左右対称になるように、凹の部分には注入し、凸の部分には反対側に注入して膨らませる

ボクシングで鼻骨骨折して、曲がったまま骨が固まってしまい、ヒアルロン酸注射で修正した症例

ヒアルロン酸注射だと、骨切り手術などでは難しいわずかな鼻の曲がりや左右非対称の鼻、外傷ではなく成長過程で曲がっていった軟骨性斜鼻も伴った鼻に対してもある程度対応できることが多く、患者様に鏡で確認していただきながら微妙な修正をすることができるのが利点です。

幹弥
「こんな感じでいかかですか?だいぶ真っ直ぐになりましたよ。」

患者
「うーん、そーですねー、もうちょっと左側に打ってもらえますか?」

幹弥
「わかりました。」
「これでいかがですか?ご要望通り左側に追加しましたよ。」

患者
「うーん、そーですねー、もうちょっと高さも出してもらえますか?」

幹弥
「はい。わかりました。」
「いかかですか?高さも出しましたよ。」

患者
「はい。これでいいです。」

また、この治療は、あくまでヒアルロン酸注射で鼻を太くすることによって左右対称に近づける方法であるため、曲がりが大きい鼻や左右非対称が強い鼻の場合は、細く真っ直ぐな鼻筋を作るのが難しいという難点があります。

曲がりが大きい鼻や左右非対称が強い鼻は、細く真っ直ぐな鼻筋を作るのが難しく、太い鼻になってしまうことがある

ある程度硬さのある長期持続型ヒアルロン酸で、左右対称に近づけると同時に高さを出すほうが、鼻筋が通りやすいです。

ある程度硬さのある長期持続型ヒアルロン酸で、左右対称に近づけると同時に高さを出すほうが、鼻筋が通りやすい

手術の場合

昔、鼻を殴られた、蹴られた、ぶつけたなどの外傷で鼻を骨折し、軽度に骨や軟骨が左右どちらかに突出している鼻の人が時々いらっしゃいます。
その場合、ハンプ切除手術に準じて、突出している部分をノミで切除したりヤスリで削ることにより、真っ直ぐに修正できることがあります(ハンプ切除と同じ料金になります)。

外傷などの原因で、骨や軟骨の一部が突出している場合

突出部を削って滑らかにする

突出している骨や軟骨をノミで切除する

突出している骨や軟骨をヤスリで削る

昔、鼻を殴られた、蹴られた、ぶつけたなどの外傷で鼻を骨折し、鼻が左右どちらかに大きく曲がっている場合は、鼻骨骨切り手術で斜鼻修正することがあります。
その場合の鼻骨骨切り手術は、骨切り幅寄せ手術と同様、両側の鼻の穴の中の切開から、ノミで外側骨切りと内側骨切りを行い、一旦鼻の骨を遊離させ、ブラブラの状態にします。

両側の鼻の穴の中の切開から行います

鼻の解剖
鼻骨が曲がっている

外側骨切りと内側骨切りのライン

鼻の断面図
鼻の骨が曲がっている

外側骨切りと内側骨切り

骨切りして、ブラブラの遊離骨片にする

ブラブラになった鼻の骨の骨片を真っ直ぐに矯正し、ギプスで2週間程度固定し、骨を固めます。

骨を矯正して真っ直ぐにし、2週間程度ギプスで固定する

外側骨切りと内側骨切りを行い真っ直ぐにした症例

左右どちらかに大きく曲がっており、尚且つ、骨が突出してワシ鼻のようになっている場合は、ハンプ切除に準じて、突出している骨や軟骨をノミやヤスリでなだらかにし、同時に外側骨切りと内側骨切りを行い、真っ直ぐに矯正します。

鼻が曲がっており、尚且つワシ鼻だったので、ハンプ切除と外側骨切りと内側骨切りを行って、真っ直ぐにした症例

昔、鼻を殴られた、蹴られた、硬式ボールがぶつかったなどの外傷で、元々真っ直ぐだった鼻が曲がってしまった場合は、骨切り手術で元通りの鼻に戻すことができることが多いです。
しかし、外傷ではなく、生まれつき、あるいは成長過程で鼻が曲がっている場合は、顔面の骨格自体が左右非対称で土台が歪んでいたり、骨だけでなく軟骨も曲がっていることが多いので、手術をしても完全に真っ直ぐにならないことがあります。
その場合は、まずは手術でできる限り真っ直ぐにし、非対称や曲がりが残ったら、ヒアルロン酸注射で修正して真っ直ぐにすることがあります。
または、手術をしても今以上に真っ直ぐに修正できないと思われる場合は、最初からヒアルロン酸注射をお勧めすることもあります。

施術料金

斜鼻修正(曲がった鼻をまっすぐに)
斜鼻修正 手術
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥600,000
シリコンプロテーゼ挿入
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥350,000
ヒアルロン酸
【全院】
¥50,000
長期持続型ヒアルロン酸
【全院】
¥150,000
こんな方にオススメ!
  • 事故で鼻が曲がってしまった
  • 生まれつき鼻が斜めになっている
  • 半永久的な効果を望んでいる

症例のご紹介

斜鼻修正(曲がった鼻をまっすぐに)

Before

After

高須幹弥医師

大人になって事故で鼻を骨折され、そのまま骨が固まってしまった方です。鼻の骨を切り、整えて固定。骨折により歪んでいた鼻筋がまっすぐ伸びました。まっすぐな鼻は、見た目だけでなく、鼻の通りも良くなります。この男性は曲がってしまった骨を切り美しく整えましたが、場合によってはヒアルロン酸注入やシリコン挿入などの施術方法で、斜鼻を目立たなくすることもできます。

その他の症例写真を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約30分
術後の通院 3回
術後の腫れ 3日(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔(全身麻酔も可能)
シャワー 当日より可能
洗髪 当日より可能
術後に鼻をかむ場合の注意点(骨切り手術の場合)

手術後は、鼻の穴の中に傷があります。
傷がしっかりとくっついて治るまで、だいたい1週間くらいは強く鼻をかまないようにしていただく必要があります。強く鼻をかむと、鼻の穴の中の傷口に負担がかかってしまうし、鼻水には雑菌が混ざっているので、傷が不潔になるからです。どうしても鼻水がだらだら出てきてしょうがない場合は、出てきた鼻水を軽く拭き取る程度にしてください。花粉症やアレルギー性鼻炎の人は、なるべく鼻水が出ないように、花粉やハウスダストなどの原因物質に晒されないようにし、鼻炎薬などの内服薬などでコントロールしていただくのが良いです(点鼻薬を使っていただいても大丈夫です)。
手術後1週間経過すれば、傷口はくっついているので、多少鼻をかんでいただいても大丈夫です。ただし、強くいきんだり、鼻を強く押さえたりするのは、手術部位に負担がかかるので、小鼻を軽く押さえ、強くいきまず、控えめに鼻をかむようにしてください。
手術後1ヶ月経過すれば、傷も手術部位もかなり安定している頃なので、普段通り鼻をかんでもまず大丈夫です。ただし、どの手術でも、完全に安定して落ち着くのは6ヶ月かかるため、手術後6ヶ月経過するまでは、必要以上に強く鼻をかんだりして無理をするのは避けてください。

リスク・副作用・合併症について

術後の鼻ギプスとマスクでのカモフラージュについて

術後の鼻ギプスの状態と、鼻ギプスがマスクが隠れるものなのか、解説します。

鼻の骨を操作する手術であるため、鼻の上の方をギプスで固定します。

普通にマスクをすると、ギプスの上のほうがはみ出ることがあります。

マスクを鼻の上の方まで引っ張ったり、上の方まで隠せるタイプのマスクであれば、完全にギプスを隠せることが多くなっています。
ただし、骨を切って操作する手術であるため、腫れが鼻の周りにも拡がり、目の周りも腫れることがあります。

術後の腫れ、内出血について ※手術の場合

鼻の骨切り幅寄せ手術、骨切りによる斜鼻修正手術のリスク、副作用、合併症に、術後の腫れ、内出血があります。
この手術は鼻の骨を4ヵ所ノミで切り、骨片を内側へ寄せて、鼻の上半分の横幅を細くします。バラバラになった骨片がきれいに固まるように、最低1週間はギプス固定をします。鼻の骨を4ヵ所切ると、どうしても強い腫れや内出血が出るため、この手術は他の鼻の手術に比べ、ダウンタイムが長くなってしまいます。
腫れが出にくい体質の人であれば、術後1週間で大きな目立つ腫れがほとんど引いてしまうこともありますが、2週間くらい強い腫れが続くこともあります。

内出血について ※ヒアルロン酸注入の場合

ヒアルロン酸、ヒアルロニダーゼ、ボトックス、頭髪メソセラピーなどの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。
内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に血管に当たってしまうことです。
私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。

ドクターズボイス

高須克弥医師

交通事故や格闘技などで曲がった鼻をそのままにしている方がいます。格闘家にとっては、熱い闘いのひとつの勲章かもしれません。けれども競技生活を終えたら、新しい人生のスタートとして、元のすっきり整った鼻にしませんか?見た目だけでなく、鼻の通りも良くなって、日常生活が心地よくなりますよ。