コンビネーション法

中程度のわきが臭の方に
クイック法と剪除法を組み合わせた治療

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

高須のこだわり

入念なカウンセリングと診断で、最適な方法を選択

ニオイの強さによって、最適な改善方法は異なります。自分でニオイの強さが判断できない、わきがか汗のニオイなのかが判断できない場合は、ガーゼをワキに挟むなどの方法で高須クリニックのわきが専門医がニオイの強さを判断。あなたにピッタリの方法をアドバイスします。

カウンセリング

術中術後も快適に。専門医だから、確実な効果

コンビネーション法の手術は、極細の針による注射で局所麻酔をしてから行うので、術中の痛みは少なくて済みます。そして確かな技術を備えたわきが専門医がアポクリン汗腺をしっかりと除去し、できるだけ傷跡が目立たないよう丁寧に縫合します。

施術後の傷跡

麻酔について

コンビネーション法は、クリーム麻酔と局所麻酔で行います。局所麻酔は極細の針による注射で行いますが、この針を差す痛みを軽減するために、事前にクリーム麻酔を施すのです。また麻酔液は、極力刺激にならないよう人間の体液のPHに合わせてアルカリ性に。高須クリニックでは、できるだけ痛みの少ない施術にこだわっています。

手術後は、痛み止めの内服薬や座薬を処方しています。

▼処方する痛み止めの種類とよくある質問
美容整形手術後の自宅疼痛管理

麻酔クリーム

麻酔クリームを塗る様子