顔面神経麻痺

顔面の麻痺を解消し
様々な表情ができるあなたへ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

顔面神経麻痺の特徴

顔面神経麻痺とは、顔面麻痺とも呼ばれ、顔の表情を作る筋肉、表情筋をはじめ、味覚・聴覚などを支配する顔面神経に障害が起こる状態を言います。
前頭筋、眼輪筋、大・小頬骨筋、頬筋、口角挙筋、口輪筋、口角下制筋、口唇下制筋、広頚筋など、すべての表情筋が麻痺することで、眉毛が下がり、眼瞼は外反、口角がしまらなく歪んでたれ下がります。これにより、喜びや悲しみなどを顔で表しにくくなります。また、口角にしまりがなくなり、食べ物や、唾液が漏れてしまうこともあります。

高須クリニックでは、ボトックス・ボツリヌストキシン注射、フェイスリフトなどの最新の手術によって、顔面神経麻痺を治療しています。

顔面神経麻痺の症状

顔面神経麻痺の原因

  • 脳外科手術
  • 外傷
  • ベル麻痺
  • 顔面の腫瘍の手術
  • ラムゼイハント症候群
  • 原因不明のもの

顔面神経麻痺の治療方法

健側へのボトックス・ボツリヌストキシン注射

麻痺のない、引きつった頬・口角へボトックス・ボツリヌストキシンを注射し、筋肉をゆるめて、左右対称に近づけます。個人差はありますが、約6ヶ月程度効果が持続します。

側頭筋移行術

側頭筋をまぶたと口角へ移行することで、目を閉じられるようにし、下がった口角を引き上げます。

眉毛挙上術(ブローリフト)

顔面神経麻痺によってたれ下がった眉毛を、麻痺のない部分に合わせて引き上げます。

患側のフェイスリフト

顔面神経麻痺によってたれ下がった頬を手術で引き上げます。

下まぶたの外反の治療

下まぶたの外反(アカンベーの状態になって、目が閉じられない状態)を手術で治療します。

施術料金

顔面神経麻痺
健側へのボトックス・ボツリヌストキシン注射 ¥50,000
側頭筋移行術 ¥1,200,000
眉毛挙上術 ¥175,000
患側のフェイスリフト ¥300,000〜600,000
下まぶたの外反の治療 ¥250,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

術後の注意事項・アフターケア

シワ治療のボトックス、ガミースマイルボトックス、口角を挙げるボトックス、タレ目ボトックスなどの効果の現れ方、効果の持続について シワ治療、ガミースマイル、口角を挙げる、タレ目などの効果の現れ方、効果の持続について

眉間や目尻などのシワの治療、ガミースマイルボトックス、タレ目ボトックスなどの場合は6ヶ月くらいの一時的な効果であることが多く、エラボトックス、ふくらはぎボトックスなどの場合は、ある程度の効果は永久的に残ることが多いです。
ボトックス(ボツリヌストキシン)ボツリヌストキシンの効果が一時的なのか永久的なのかは、注射する部位、目的、注射する量、注射の仕方、テクニックなどによって異なるため、以下に詳しく説明させていただきます。
ボトックス(ボツリヌストキシン)ボツリヌストキシン注射は、様々な用途で使用します。

美容整形クリニックで使用する場合は、主に以下の治療です。

①眉間の縦ジワ、額の横ジワ、目尻のシワ、鼻根部の横ジワ、唇の縦ジワ、顎の梅干ジワなどのシワ治療
②ガミースマイルの治療(ガミースマイルボトックス
③下がっている口角を挙げる治療
④目尻を下げて、タレ目っぽく目を大きくする治療(タレ目ボトックス
⑤顔面神経麻痺で、健側(麻痺していない側の顔)の過緊張を緩める治療
⑥エラを細くする治療(エラボトックス
⑦ふくらはぎを細くする治療(ふくらはぎボトックス
⑧肩をほっそりさせる治療(美人肩ボトックス
⑨肩凝りの治療(肩凝りボトックス
⑩顎関節症、歯軋りの治療
⑪額、顔、ワキ、手のひら、足の裏などの汗を止める治療(多汗症ボトックス

①〜⑤は、顔面にある目的の表情筋にボトックス(ボツリヌストキシン)ボツリヌストキシンを注射することにより、その表情筋を麻痺させ、効果を出す治療です。

これらの顔面表情筋に注射する治療は、効果は6ヶ月程度続き、効果が切れるとほとんど元に戻ることが多いです。

表情筋のほとんどは、皮膚に付着する筋肉であり、そのような筋肉にボトックス(ボツリヌストキシン)ボツリヌストキシンを注射した場合は、6ヶ月で効果がほぼなくなり、ほぼ元に戻るということが統計的に分かっています。

多少個人差がありますが、注射して2〜3日くらいから徐々に効果が現れてきて、1週間後には完全に効果が現れます。

その後、1ヶ月くらい強い効果が続き、その後は4〜6ヶ月くらいかけて徐々に効果が弱まっていき、効果がなくなって、ほとんど元に戻ります(注射する量、テクニックなどによって多少差がありますが、高須クリニックの場合はこのような経過になることが多いです)。

リスク・副作用・合併症について

内出血について ※ボトックス・ボツリヌストキシン注射の場合

ヒアルロン酸、ヒアルロニダーゼ、ボトックス・ボツリヌストキシン、頭髪メソセラピーなどの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。
内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。
私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。