傷跡

諦めていた傷跡や縫合跡も
最新の技術と真摯さで解決

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

リストC.の傷跡にCO2アブレージョンを行い、火傷跡にした症例写真

ビフォー・アフター

Before After(2年後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、左腕のリストC.の傷跡を気にされて来院されました。
来院時の2~3年前までリストC.を繰り返していたそうですが、それ以来はしていないとのことでした。
リストC.の傷跡は完全に消すことはできず、切除縫縮して1本の線状の傷跡にするか、CO2レーザーで焼いて面の火傷跡にするかのどちらかをすることが多いです。
この方のリストC.跡は、幅が広く、皮膚のゆとりがないため、切除縫縮することはできず、CO2レーザーで火傷跡にすることになりました。
術後2年の時点ではほとんど赤みは引き、リストC.跡だとはわからない火傷跡になりました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
CO2アブレージョンをすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
CO2アブレージョン直後です。
火傷の生傷の状態になっています。
皮膚が張るまで毎日創部をシャワーで洗い流し、ワセリン軟膏をたっぷりつけたガーゼで保護していただきます。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
まだ創部はジュクジュクしています。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
ほぼ皮膚が張りました。
皮膚が張って乾いた状態になったら、もうガーゼで保護する必要はありません。
ただし、創部の赤みがあるうちは紫外線に当てないようにしたほうが、最終的により綺麗に治ります。

3ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
まだまだ赤みがあります。
赤みが引くのは個人差がありますが、早い人で6ヶ月、遅い人だと10年以上かかることがあります。

2年後

高須幹弥医師からのコメント

2年後です。
赤みは完全に引きました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る