傷跡

諦めていた傷跡や縫合跡も
最新の技術と真摯さで解決

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

眉間の傷跡を切除縫縮手術して目立たなくした症例写真

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、子供の頃に受傷した眉間の傷跡を気にされて来院されました。
眉間の縦ジワに沿って傷跡があり、受傷時に救急病院で粗く縫われたためか、傷跡に段差があり、目立っていました。
手術で切除縫縮して、なるべく傷跡をシワと同化させることになりました。
手術はシンプルに傷跡をメスで丁寧に切り取り、吸収糸で中縫いをし、ナイロン糸で外縫いをし、1週間後に抜糸をしました。
6ヶ月後には傷の赤みも消え、手術前にあった傷跡の段差がなくなり、だいぶシワと同化して目立たなくなりましました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。

1週間後の抜糸直後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後の抜糸直後です。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る