傷跡

諦めていた傷跡や縫合跡も
最新の技術と真摯さで解決

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
ピアスの穴をふさぎたいのですが。
A
高須敬子医師

ピアスの穴をふさぐ一般的な方法は、傷跡修正として、穴の部分を縫縮します。ただ、穴の数や大きさなどによっては、他の方法がよい場合もあります。お一人おひとりの状況によって適切な方法は異なりますので、現在の状況を診察のしたうえで判断することになります。あなたに最適な方法をご提案しますので、一度、ご来院ください。

Q
顔に10針の怪我を負いましたが、跡が残らないようにできますか?
A
谷奈保紀医師

傷跡の修正の手術は6ヶ月以上経過してある程度落ち着いた状態となってから、可能となります。
状態に合わせて、もう一度丁寧に縫い直すなどの処置になるかと思われます。
ただし、レーザー治療や注射による治療の場合は受傷後間もない時期でも治療することがありますので、一度、診察にお越しください。

Q
幼少時に猫に頬をひっかかれました。20歳になった今でも傷跡が残っています。治す方法はありますか?
A
日下志厳医師

当院では、傷跡の修正、その他様々な部分の形成を行っております。傷跡の大きさや深さなどの状態によってどこまで元の状態に戻せるかは異なってきますが、当院には傷跡修正のプロが揃っています。できるだけあなたのご希望に近づけるよう最善の努力をいたしますので、診察にお越しいただき、医師と充分にご相談ください。

Q
盛りあがったケロイド状の傷跡は修正できますか?
A
高須幹弥医師

ケロイド体質の方は傷跡を手術で修正すると傷の部分が盛りあがり、余計に目立ってしまうことがあります。このため、ケロイドの傷を薄くするケナコルトという注射や赤みを引かせるVビームというレーザーによる治療をお勧めしております。

Q
ケガをして1ヶ月が経ちますが、診察してもらえますか?今はかさぶたも剥がれ、茶色っぽく傷跡が残っています。
A
高須英津子医師

傷跡が茶色っぽく色素沈着を起こしているようであれば、美白クリームで徐々に目立たなく薄くしていくことができます。傷跡が線になっていたり、盛り上がっている場合は、他の治療をお勧めすることもあります。状態を拝見し、お薬の処方またはそれ以外でお勧めできる治療があるか判断いたしますので、診察にお越しください。

Q
ケガをして整形外科で手術を行って1ヶ月が経ちますが、傷跡を修正してもらうことはできますか?
A
日下志厳医師

通常傷跡修正手術は6ヶ月以上の期間をおいて赤みや盛り上がりが引いてから行います。
ただし傷跡が非常に赤く盛り上がりがある場合など状態によっては、手術よりもステロイド注射やレーザー(Vビーム)で行う方が向いていることがあります。その場合は6ヶ月経っていなくても治療が可能です。
また傷跡や傷の周りが色素沈着を起こし黒くあるいは茶色くなっている場合は、ブリーチングクリームやトレチノイン治療で改善することがあります。その場合も6ヶ月後でなくても治療は可能です。

Q
リストカット跡が気になります、治療は可能ですか?
A
日下志厳医師

はい、可能です。ただし傷跡を何もなかったように無くすというのではなく、リストカットの傷跡に見られないようにする治療を行います。傷の長さや深さ、数によって治療方法は異なりますが、切除縫縮またはアブレーションという方法を用いるのが一般的です。状態を拝見して、適切な治療法をご提案いたしますので、一度ご来院ください。