リストカット・根性焼き

社会では不利になる傷跡を
それとは気づかれない状態に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

リストカットの傷跡をCO2レーザーでアブレージョンして面で火傷の跡のようにした症例写真

ビフォー・アフター

Before After(3年後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、前腕のリストカットの傷跡を消したいという御要望でした。
一度つけてしまったリストカットの傷跡を完全に消して元通りの綺麗な皮膚に戻すことはできません。
リストカットの傷跡の治療は、切除縫縮して1本の傷跡にするか、CO2レーザーアブレージョンで火傷の跡のようにするかどちらかです。
通常は切除縫縮して1本の傷跡にするほうが目立たない傷跡になるのですが、このリストカットの傷跡は傷の範囲が広く、切除縫縮することができないため、CO2レーザーアブレージョンをすることになりました。
術後は面で火傷の跡のようになり、リストカットの傷跡には見えなくなりました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
リストカットの傷跡をCO2レーザーでアブレージョンして面で火傷の跡のようにすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
生傷になっています。
毎日ワセリン軟膏ガーゼで処置していただきます。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
皮膚がはって乾燥した状態になったので、もうワセリン軟膏ガーゼ処置をする必要はありません。

3ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
赤みと盛り上がりがあります。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
まだ赤みと盛り上がりがあります。

1年後

高須幹弥医師からのコメント

1年後です。
赤みと盛り上がりは少し引いてきました。

2年後

高須幹弥医師からのコメント

2年後です。
更に赤みと盛り上がりが引いてきました。

3年後

高須幹弥医師からのコメント

3年後です。
だいぶ赤みと盛り上がりが引きました。
時間の経過と共に更に目立たなくなっていきます。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る