脂肪・痩身の基礎知識

脂肪・痩身の基礎知識

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があり、白色脂肪細胞でエネルギーを貯め、褐色脂肪細胞で燃焼させます。褐色脂肪細胞を活性化させると基礎代謝が高まり、ダイエットをしやすい体質になっていきます。

脂肪の種類

脂肪は脂肪細胞で蓄積されます。脂肪が蓄積されすぎると、当然オーバーウェイトになり、美容・健康上の問題が生まれてきます。

体の中に蓄積された脂肪を体脂肪といい、皮下脂肪と内臓脂肪があります。皮下脂肪は文字通り皮膚のすぐ下にあり、内臓脂肪は内臓の周囲に溜まっていくものです。

近頃、メタボリックシンドロームで問題になっているのが内臓脂肪です。この内臓脂肪を多く溜めすぎてしまうことが、高血圧や高脂血症などの原因の一つとなるわけです。ただ、内臓脂肪は溜まりやすいのですが、落としやすい脂肪でもあります。この分け方は、体内のどこに脂肪があるかによるものです。体脂肪の性質によって分ける場合、中性脂肪、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸などという呼び方をします。脂肪吸引によって取り除くのは皮下脂肪で、内臓脂肪を取ることはできません。

ただ、皮下脂肪の全てを「美容の敵」だと思ってはいけません。皮下脂肪には「体内にエネルギーを蓄えておく」役割がありますし、適度な皮下脂肪は女性らしい優美なたたずまいを生み出す重要なポイントになりますから、やみくもなダイエットは禁物です。

肥満の種類

肥満のタイプには、「りんご型」と「洋なし型」があります。この二つの肥満のタイプの根本的な違いは、主に肥満の原因となっている体脂肪の種類にあります。

りんご型肥満とは、おなか周りが太くなり、りんごのように膨らんだ体型のことを指します。女性よりも男性に多く、脂肪細胞のサイズが大きくなることで生じる肥満なので、ダイエットやエクササイズで解消しやすいという特徴があります。りんご型肥満は「内臓脂肪型肥満」の場合が多く、メタボリックなど生活習慣病の原因になりやすいことでも知られています。内臓脂肪は生活習慣病を引き起こす働きのある「サイトカイン」を分泌するので、りんご型肥満の疑いがある型は、早めの対処が重要です。

洋なし型肥満とは、おしりや太ももなど下半身が太くなり、洋なしに似た体型のことを指します。男性より女性に多い肥満のタイプなので、「女性型肥満」と呼ばれることもあります。皮下脂肪型肥満の場合が多く、皮下脂肪からは「サイトカイン」が殆ど分泌されないので、生活習慣病の原因になることは少ないです。その反面、脂肪細胞の数が増加するので、ダイエットやエクササイズなどで解消しにくいタイプの肥満です。

脂肪の蓄積

なぜ脂肪が蓄積してしまうのでしょうか?その仕組みを簡単に言うと、「入ってくるエネルギーが、使うエネルギーより大きい」からです。人間は生きて活動するためにエネルギーを摂取しなければなりませんが、それを上手に消費することができないと、余分なエネルギーが脂肪になって脂肪細胞の中に溜まっていきます。

ところで脂肪は主に体内のどこに蓄積されていくのでしょうか?肝臓や血管などにも脂肪は溜まります。特に肝臓に脂肪が溜まりすぎた状態を「脂肪肝」といいます。ただ、肝臓や血管へ蓄積する脂肪というのは限られたもので、多くの脂肪は脂肪細胞が集まった脂肪組織に蓄積していきます。脂肪組織は人間の皮膚の下ほとんどにあるのですが、女性の場合はおしりや太ももにつきやすいものです。

また、摂取した脂肪だけでなく、炭水化物やアルコールも、分解・合成して、脂肪となり蓄積します。

セルライト

これまで多くの女性のリクエストに応えてきた高須クリニックが、きめ細かなカウンセリングと確かな技術で応えます。

美容の世界を中心に、女性の間で「セルライト」という言葉がすっかり有名になりました。セルライトと呼ばれているのは、皮膚、特におしりや太ももなどに現れる「デコボコ」した状態です。

オレンジの皮と似ているので「オレンジスキン」などというありがたくない異名もあります。もちろん「セルライト」と呼ばれ始めるよりも前からずっと存在し続けていたもので、最近になって起こった新しい症状などではありません。

セルライトは成人女性の8割に見られるというほど一般的な肌の状態です。ただ、医学的には「セルライト」という言葉は認められていないようです。

セルライトの原因については色々な説がありますが、やはり皮下脂肪の蓄積と関係があるのではないかという考えが有力だとされています。

セルライト除去も方法も、多くのやり方がとなえられていますが、脂肪吸引もその一つです。「メスを使わない脂肪吸引」と呼ばれるメソセラピーやカーボメッドなども、セルライト除去の効果があるとされています。

脂肪燃焼について

脂肪燃焼というのは、身体の中にある脂肪を消費することで生じます。脂肪燃焼のためには、身体を動かし、適度な筋肉をつけるのが一番です。

ただし、いくら脂肪を燃焼させるよう努力しても、摂取するエネルギーが多すぎてはウエイトオーバーは改善されないので「食べ過ぎない」ことは前提です。身体を動かし、いわゆる「脂肪燃焼体質」になると、その後はそれほど努力をしなくても脂肪が溜まりにくくなります。

脂肪を効率よく燃焼させるためのエクササイズは、例えば週に1回ヨガやテニスを長時間するなどというものより、日常生活の中に「身体を動かす」と言う意識を持ち込んだ方がいいとされています。要するに、なるべく「身体を動かす」ことです。買い物もいける範囲であれば歩くとか、掃除やガーデニングをやるなど、このような身近なことからでかまいません。「できるだけ体を使わずにすまそう」という生活スタイルを変えていくことです。

習慣にしたいのが「ウォーキング」。色々なダイエット方法やエクササイズがありますが、一番続けやすく効果的なのがウォーキングです。水泳も脂肪燃焼させ、筋肉をつけるためにとても役に立ちます。エクササイズなどを始めるに当たっては、専門家や医師のアドバイスを受けておくことが望まれます。

高須の脂肪吸引・痩身・部分痩せ治療

これまで多くの女性のリクエストに応えてきた高須クリニックなら、安心&確実な最新医療で、無理せずスピーディーに理想体型を手に入れるための豊富な選択肢をご用意しています。