わきが・多汗症の基礎知識

ワキガ・多汗症の基礎知識

欧米人に比べて「わきが」は日本人は少ないと言われていますが、最近では食生活の変化に伴って増加傾向にあるといわれています。ただ、臭いが気になってもなかなか人に聞けるものではありません。また、汗の出るようなことをしていないにもかかわらず、緊張したり、ストレスによって多量に汗が出てしまうことがあります。

わきがのメカニズム

わきの下にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺と、皮脂腺という分泌腺があります。わきがはこれら分泌液や皮膚の雑菌などとからんで生じるもので、単に汗が原因ではありません。

エクリン汗腺から出る汗は運動時や暑いときなどの体温調節のためのものです。臭いはなく99%が水分で、1%が塩。体温を発散・調節するという役目をもっています。
一方のアポクリン汗腺は粘り気があり、脂肪、鉄分、蛍光物質、アンモニアなどからできています。この汗自体はにおうものではありませんが、汗の成分が細菌によって分解されたときに独特の臭いを発します。もともとはフェロモンのように異性をひきつける働きがあったといわれています。(思春期頃まではアポクリン線が未発達のため臭いが目立ちません)

皮脂腺はアポクリン腺と同様に毛穴と直結しています。皮脂と呼ばれる脂肪分を分泌し、この皮脂の中に数種類の脂肪酸が含まれています。これらエクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺から出た汗や油分が混ざり合い、雑菌によって分解され、低脂肪酸やアンモニアなどに変化すると独特の臭いを放つわきがになります。

多汗症のメカニズム

「多汗症」とは、アポクリン汗腺からの分泌も含めて、汗の分泌量が多い場合をいいます。緊張したときや驚いたときなどにも多量の汗をかくので、汗の量だけでは多汗症とはいえません。
多汗症の場合は、運動をしたり、食事をしたりなど、汗の出るようなことをしていないのにもかかわらず多量に汗が出てしまいます。緊張しやすい人や太っている人などに多発します。

多汗症の種類

多汗症には次の2種類があります。

  1. 病気などから起こる全身性多汗症
  2. ストレスなどによって自律神経のバランスが崩れることから起こる局所性多汗症
発汗部位の違い

わきの下、手のひら、足の裏など、人によって症状の強い場所が異なります。発汗部位によって全身性であるか局所性であるかを見極めます。例えば足に多量の汗をかくため、靴の中で蒸れてしまい、悪臭を放つようになることなどです。

多汗症の症状

真冬でも顔に汗をかいてしまった、文字を書いていると紙が濡れて破れてしまった、手をつなごうと思ったら自分の手がべたべたしていた、などがよく挙げられます。汗をかく量も「いつも手足が湿っている」程度の人から「滴り落ちるほどいつも濡れている」人までさまざまです。多汗症の場合は二次的症状を引き起こすことが多く、例えば足の多量の汗をかくためにいつも蒸れており、強い悪臭を放ったり、水虫になったりします。

高須のわきが・多汗症治療

これまで多くの女性のリクエストに応えてきた高須クリニックが、きめ細かなカウンセリングと確かな技術で応えます。