肌の基礎知識

肌の基礎知識

肌の仕組み-皮膚の構造、ターンオーバー、女性ホルモンに関する情報を詳しく解説しています。

皮膚の構造

皮膚の構造を詳しく見ると、皮膚は表皮、真皮、皮下組織で構成されています。

まず、表皮とは皮膚の一番表面部分を指します。よく「角質」という言葉を耳にしますが、角質も表皮の一部です。角質層とは表皮の一番上にある、死んだ細胞の層のことを指します。角質層とは違い、角質層以下の表皮(顆粒層・有棘層)は生きた細胞でできており、約65%の水分を含みます。ここは外部からの刺激に反応して、情報を神経などに伝えたり、アレルギー反応を起こしたりする事で、身体を守る働きをしています。
また真皮とは、表皮の下の部分のことで、表皮にまもられながら、皮膚の機能を内側から支えている部分をさします。コラーゲンは真皮の中に網目状のネットワークを形成して、真皮の弾力性を維持する役割を果たしています。また、コラーゲンのところどころにエラスチンと呼ばれる別の繊維が存在し、コラーゲンの構造を支える役割をしています。

ターンオーバー

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで表皮の生まれ変わりのことを指しています。表皮細胞が基底層のところで新しく生まれて、約28日間かけて角化し、やがて角質細胞になり最後にふけや垢としてはがれていく、この代謝サイクルのことをいいます。またターンオーバーは、歳を重ねるごとに遅くなり、表皮の層も薄くなっていきます。このために傷の治りが遅くなったり、肌のきめが粗くなったり、しみができやすくなるわけです。肌がくすむ、肌が硬い、乾燥肌が治らない、小ジワができたといった状態が見られるのはターンオーバーの速度が落ちている証拠といえます。ターンオーバーのリズムには食事や睡眠なども大きく影響します。十分な栄養と休息をとらないと細胞はうまく成長しません。肌を美しく保つには正しい生活習慣が重要となります。

女性ホルモン

女性ホルモンのバランスの乱れによる生理不順や更年期障害、女性ホルモンを体内で多く分泌している女性は、どうしてもその影響を受けやすくなります。当然肌にも大きな影響を与えます。女性ホルモンには大きく分けて「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の2種類に分けることができます。黄体ホルモンは体のむくみやイライラの原因です。普段、不規則な生活を送っていたり、ストレスを多く抱えているとより強く現れるようになります。

卵胞ホルモン(エストロゲン)は生理後に分泌が高まり、黄体ホルモンは生理前に分泌されるホルモンですが、エストロゲンは思春期頃から急に増え、 30代後半から減り始め、閉経と共に急激に低下します。この分泌を維持するには普段から健康な生活を送ることを心がける必要があります。

高須の美容皮膚科

これまで多くの女性のリクエストに応えてきた高須クリニックが、きめ細かなカウンセリングと確かな技術で応えます。