症例写真

出産・授乳して萎んでしまったバストに100ccのシリコンバッグプロテーゼを入れた症例写真

ビフォー・アフター
Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、元々張りのあるバストだったのですが、妊娠、出産、授乳をしたことにより萎んで、張りがなくなってしまったのを気にされて来院されました。
特別巨乳にしたいわけではなく、適度に膨らみがでて出産前の張りが戻れば良いという御要望でした。
痩せた身体で脂肪吸引をすることができないので、脂肪注入をすることができず、ヒアルロン酸注射は無くなってしまうので嫌ということだったので、100ccのシリコンバッグプロテーゼを入れることになりました。
垂れたバストであったので、大胸筋下に入れると綺麗な形にならないため、乳腺下に入れました。
術後は乳輪の上の方の萎んでいた部位が適度に膨らみ、全体的に張りのある綺麗な形のバストになりました。
入れるプロテーゼが小さいほうがワキの傷が短くてすむので、早く傷がわからなくなるし、術後の痛みが少なく、自然で柔らかいバストになりやすいです。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大