症例写真

40代女性の細い身体の太もも全体から脂肪吸引し、バストに脂肪注入豊胸した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

40代女性の患者様で、バストを大きくしたいというご要望で来院されました。

ヒアルロン酸注射やシリコンバッグプロテーゼ豊胸手術ではなく、脂肪注入豊胸を希望されていました。

診察させていただいたところ、バストはBカップ程度で、わずかな膨らみがありました。

脂肪注入をするためには、身体のどこかから、大量に脂肪吸引をする必要がありますが、二の腕やお腹周りにはさほど余分な皮下脂肪がなく、太もも周りには多少の余分な皮下脂肪がありました。

そのため、太もも全体から脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。

太ももも、凄く大量に皮下脂肪がついているわけではないため、全体的に満遍なく、採りすぎて採りむらができたり、皮膚の表面の段差や凸凹ができない程度に吸引しました。

吸引した脂肪を濾過し、余分な水分なトリグリセライドを除去して濃縮された脂肪を左右の胸に112.5ccずつ注入しました。

術後6ヶ月には、注入した脂肪の多くが生着し、1カップ弱大きくなり、Cカップ弱程度のバストになりました。

また、脂肪吸引した太ももは、全体的に一回り細くなりました。

この患者様のように、全体的に痩せている人は、大量に脂肪皮下脂肪を脂肪吸引することができないため、バストを凄く大きくすることはできません。

しかし、少しでも採る脂肪があれば、それなりにバストを大きくすることは可能です。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
太もも全体を脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔薬の影響などで腫れて大きくなっています。
1週間後
1週間後です。
わずかな内出血がありますが、必ず引くので心配ありません。
局所麻酔薬の腫れはほとんど引いていますが、3~6ヶ月くらいかけて、ある程度の脂肪が吸収されていき、もう少し小さくなります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完成です。
1カップ弱程度大きくなりました。
もうこれ以上小さくなることはありません。
手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
1週間後
1週間後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
太ももの脂肪吸引部位の手術前
太ももの脂肪吸引部位の手術前です。
太もも全体から満遍なく吸引することになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔薬などの影響もあり腫れて太くなっていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血がありますが、必ず引くので心配ありません。
3週間後
3週間後です。
内出血はほとんど消えています。
まだ全体的に腫れがあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
太もも全体が一回り細くなりました。
太ももの脂肪吸引部位の手術前
太ももの脂肪吸引部位の手術前です。
手術直後
手術直後です。
1週間後
1週間後です。
3週間後
3週間後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大