豊胸の基礎知識

最近は施術の方法も色々出てきて、好みの方法で豊胸、バストアップをすることが可能になりました。豊胸、バストアップの詳しい知識を得れば、きっと不安も少なくなるに違いありません。

豊胸手術(プロテーゼ)

バッグ挿入法、プロテーゼ法とも言われます。生理食塩水バッグ、シリコンバッグ、バイオジェルなどを胸に挿入し豊胸する方法です。手術は脇の下のシワに沿って切開して行いますが、傷跡は数ヶ月でほとんど目立たなくなります。体内組織が、バッグの周りを締め付けることによって胸が硬くなる“カプセル拘縮”を防ぐ必要があり、術後のマッサージは欠かせません。

豊胸手術(プロテーゼ)は人工乳腺を乳腺下もしくは大胸筋下に挿入し、バストアップをはかる方法で、インプラントやバッグ、プロテーゼ挿入法とも呼ばれます。人工乳腺には色々なバッグがあり、皮膚や乳腺の厚み、脂肪の付き具合や骨格の影響、授乳経験、希望するバストの大きさや感触などによって使い分けられます。現在は最新式のコヒーシブシリコンバッグが主流になっています。

豊胸手術(プロテーゼ)でバストアップの手術をする前には、大きさや感触などをよくイメージすることが大切です。それによってバッグの種類や手術方法が分かれてきます。担当の医師とよく話し合い、アドバイスを受けるとよいでしょう。

バッグの種類

人工乳腺(バッグ)には内容物や形状によってさまざまな種類があります。体質や触感、術後の形、安全性などを考えて好みに応じて選ぶことができます。現在は最新式のコヒーシブシリコンバッグが主流になっています。

コヒーシブシリコンバッグ(現在、当院で使用しているもの)


当院で使用している
オリジナルのシリコンバッグ

シリコンジェルが進化し、万が一、破れても拡散しないように作られたのがコヒーシブリシコンです。シリコンジェルバッグの豊胸では、バッグが破損した時に内容物のシリコンジェルが体内に漏れてしまうこともありますが、コヒーシブシリコンは中身のシリコンの凝集率が高いのでまわりの膜が破損しても漏れてしまう心配がありません。やわらかく、本物により近い感触となっているのもメリットです。

CMCジェルバッグ(現在、当院では使用していません)

食品にも含まれている天然の水溶性物質、CMC(カボキシメチルセルロース)を使用したバッグです。万が一、破れても体に吸収され、4、5日で汗や尿となって体の外へ出てしまいます。従来のバッグに比べ、形だけでなく触感も自然に近く、進化したバッグといえます。
その他の内容物としては、メチレンブルーの混合物質、は生理食塩水に高分子ポリマーを加えてジェル状にしたハイドロジェルバッグがあります。

生理食塩水バッグ(現在、当院では使用していません)

生理食塩水は、人体の血液と等しい浸透圧に調整された代用血液のことで、麻酔薬を薄めたり、傷や皮膚の洗浄など医療現場でも頻繁に使われています。この液体をポリウレタンバッグに注入したものなので、万が一破れても体に吸収され、人体への影響がないので安心です。シリコンジェルの使用が中止されている間は、盛んに生理食塩水が使われました。しかし、生理食塩水は液体なので自然な形を形成しにくいのが難点です。また、他のシリコンジェルなどに比べるとやや硬めなので、触感では他のバッグに劣ります。
さらに、皮下脂肪が少なく、乳腺の厚みが薄い人に使用すると表面に凸凹が出ることがあります。仕上がりを良くするためには術後のマッサージも欠かせません。

シリコンジェルバッグ(現在、当院では使用していません)

豊胸手術でもっとも古くから広く使われているバッグで、シリコンジェルはバッグの代名詞といわれる時期もありました。シリコンとは自然界には存在しない物質ですが、環境にやさしい物質として化粧品や医薬品にも多く使われています。
最初はバッグに入れずに直接乳房に注入して使われていましたが、やがてバッグが登場し、そのおかげもあって豊胸手術が広く行われるようになりました。

ページトップへ戻る

バッグの形状

現在、多くの種類のバッグがありますが、豊胸手術の仕上がりを決めるのは適切なバッグ選びとも言われています。

バッグの表面はツルツルしたスムースタイプと、ザラザラしたテクスチャードタイプがあります。
形状は大きく「ラウンド型」と「アナトミカル型」の2種類に分かれます。

ラウンド型

ラウンド型はほぼ円錐に近い形をしています。寝たときも流動物が横に広がるため自然な感じです。どのような動きにも自在に対応します。

アナトミカル型

「身体構造の」という意味です。その名が示す通り、横から見たときに下半分が大きく下にボリュームが出た乳房の形をしています。本来乳腺は立位では重力で下方に垂れるので、アナトミカル型バッグは的をえた形であると言えるでしょう。
ただし、上半分のボリュームがなくなった方は、この形のバッグを入れると下半分のみが大きくなり、垂れたバストが強調されてしまいます。もともとバストが大きい方には適する場合もあります。

ページトップへ戻る

手術の方法

豊胸手術(プロテーゼ)の手術では、乳房にバッグを入れることが基本となり、「乳腺下法」、「大胸筋下法」、「筋膜下法」の3通りの方法があります。

乳腺下法

乳腺下法では、ワキの下、乳輪、乳房のいずれかを2、3センチほど切開し、そこからバッグを入れます。大胸筋の下を剥離しないので、大胸筋下方に比べ術後の痛みが少なくて済みます。
こちらの方法は、すでにバストに適度なボリュームがある方に適しており、形を整えるという目的に利用されることが多くなっています。加齢や出産・授乳などでバストの形が崩れてしまった、しぼんでしまったという人の利用が増えています。

大胸筋下法

大胸筋下法は、わきの下にある横ジワに沿って数cm切開してバッグを挿入します。大胸筋の下の部分にバッグを入れるため、その分バッグを胸に入れたことが分かりにくいというメリットがあります。
乳腺やバストの皮下脂肪が少ない人、つまりバストが比較的小さい人、皮膚が薄い人に向いており触感も自然です。傷跡は数ヶ月を経て赤味が消えれば、ほとんど目立ちませんので、ノースリーブなどを着ても問題ありません。

筋膜下法

筋膜下法は、ワキの下を切開し、乳腺と大胸筋の間にある薄い筋膜の間にバッグを挿入する方法です。大胸筋を剥がさないため、術後の腫れや痛みが少なく、回復が早いのが特徴です。
バッグが乳腺に触れないため、感染症対策にもなります。また、バッグの輪郭が浮き出ることを防ぎ、自然な形のバストを実現します。長期的に見てバストのゆがみ、型崩れしにくいと言われています。

ページトップへ戻る

麻酔の種類

豊胸手術で行われる麻酔には大きく分けて全身麻酔、硬膜外麻酔、静脈麻酔、局所麻酔の4種類があります。麻酔の使用には細心の注意と高い技術高須の技術、経験が必要です。高須クリニックでは麻酔の専門医が全身麻酔や静脈麻酔を行いますので、安心して手術を受けて頂けます。

全身麻酔(現在、当院ではこの方法で行っております)

全身麻酔で豊胸手術を行うと、眠っている間に全て終わってしまうので、手術に対する怖さや痛み、不安がなくバッグを挿入することができます。高須クリニックでは主にこの方法で行っております。

硬膜外麻酔(現在、当院では行っておりません)

硬膜外麻酔は背柱の隙間に細いチューブを入れて、そこから麻酔薬を注入することにより脊髄神経を部分的に麻痺させる麻酔法です。硬膜外麻酔は、カテーテルの挿入などに高度な技術を要し、様々なリスクを伴います。

静脈麻酔

静脈麻酔は腕に点滴を行い、麻酔薬を注入する方法です。早い場合、ものの数秒で眠りにつき意識がない中で手術します。静脈麻酔は、麻酔の効き目が調節しやすく、麻酔後に吐き気などの副作用が少ないことなどのメリットがあります。

局所麻酔

局所麻酔は、手術を行う領域だけを麻痺させる麻酔で、注射によって麻酔液を注入します。豊胸手術(プロテーゼ)による豊胸手術の場合、手術する部分に何本も麻酔を打つ必要があります。

ページトップへ戻る

手術の流れ

カウンセリング、手術、術後の流れにそって、豊胸手術(プロテーゼ)による手術の説明をします。

1カウンセリング


カウンセリング

豊胸手術の前には、十分に医師と話し合い自分の希望を伝えることが大切です。バストに対する悩みを正直に話し、疑問な点があったら恥ずかしがらずに何でも相談してみましょう。手術は痛くないか?豊胸手術の傷は目立たないだろうか?トラブルにあわないだろうか?など疑問に思うことは何でも聞いてみるといいでしょう。医師との信頼関係が十分に築けたら手術への不安もきっと少なくなるはずです。

豊胸手術(プロテーゼ)による豊胸手術では、バッグを選ぶことが重要となります。希望する大きさや形、触感、料金、これから出産の希望があるかどうか、全体のスタイルに対するバランスを考えて、もっとも適するバッグを選ぶとよいでしょう。

大体のイメージができたら、同じような体型の人の症例写真などを見て、ドクターとのズレを正しておくとより安心です。手術方法についても大胸筋下法か、乳腺下法か、筋膜下法を取るか、麻酔の種類などもよく話し合います。術後のケアもこのときに知っておくと安心です。

2手術の予約


手術の予約

カウンセリングで十分納得したら、施術の予約を取ります。

3検査


検査

診察後には再び問診を行い、血液検査をします。血液検査は特に大きな病気を患っていないかどうかなど、術後の順調な回復を完璧に行うためのチェックです。

4術前

身体にかなり負担のかかる施術もあります。しっかりと体調を整えてのぞみましょう。施術開始時間などの条件によっては術前の食事を控えたり、ある種の薬を控えねばならない場合もあります。

5手術


豊胸デザイン

手術ではワキの下にある横ジワに沿って数センチ切開します。バッグ挿入が完了すると、挿入口を縫合します。縫合は顔の手術に使用する縫合と同じ技術で、髪の毛よりも細い糸を使って行いますので、傷はほとんど目立たなくなります。

6術後


術後固定

最後にバストを固定させるためのバストバンドを装着して完了です。手術に要する時間は1時間前後です。手術が終わると、しばらく休んでいただき、その後帰宅できます。
豊胸手術は術後のケアが成功を左右するといっても過言ではありません。医師の指示をきちんと守って術後のケアに努めます。高須クリニックでは施術前にきちんと丁寧な相談をいたします。

7アフターケア


超音波マッサージ施術風景

高須クリニックでは術後のカプセル拘縮を予防するために、アフターケアで超音波マッサージを1週間おきに3~4回行います。また必要に応じて拘縮予防の内服薬を処方します。

ページトップへ戻る

プチ豊胸(ヒアルロン酸)

もともと人の体の中にあり、肌にもよいとされるヒアルロン酸を胸に注入する方法です。施術時間も短く入院の必要がないので比較的気楽にできます。

「バストを大きくしたいけれど肌を切開しバッグを入れるのに抵抗がある」「日常生活に支障を出したくない」といった人にヒアルロン酸をバストに注入してサイズをアップさせる方法があります。ヒアルロン酸はもともと体に存在する物質なのでアレルギーの心配はほとんどありません。また、注射器によって注入しますので体に傷が残らないのもメリットです。

しかし、ヒアルロン酸は体内に吸収される物質なので、持続効果は約3年です。また、あまり多く入れすぎるとバストを維持するのが困難になりますので、注入する量の限度が限られています。効果は1~2カップ上のサイズアップが期待できます。

特徴

マンマリーヒアルは従来のプチ豊胸用SUB-Qより粒子が丸くソフトで感触が柔らかくなっています。ヒアルロン酸による豊胸術で堅いシコリができた人にも有効的です。

治療法

注射器によって注入します。局所麻酔および静脈麻酔を使用しますので痛みの心配はありません。施術時間は20~30分と短く、すぐにバストアップが実感できるでしょう。

術後、アフターケア

翌日から入浴が可能。またブラジャーもつけることができます。アレルギーの心配もほとんどなく、バッグを入れたときのようなアフターケアも必要ありません。痛みや腫れの心配もいりません。しかし、だんだん体に吸収されていくため、持続効果が限られています。

ページトップへ戻る

脂肪注入法

患者様自身の太ももやお尻から吸引した脂肪を胸に注入する方法です。人工乳腺(バッグ)を入れるのは抵抗がある人に向いており、いらない部位の脂肪をへらせるというメリットがあります。吸引した脂肪の生着率をいかに高めるかがポイントです。

バストを大きくしたいけれど、シリコンなどのバッグを入れるのには抵抗がある、胸にメスを入れたくない、できるだけ自然な触り心地の胸を手に入れたいという人に脂肪注入法がオススメです。自分の脂肪を入れるので、気になる部分がある人は、その部分の脂肪も取り除くことができます。注入した脂肪の約50%は生着し、生着した脂肪は半永久的に残ります。

特徴

おなかや太ももなどの脂肪をとりたいところから吸引し、バストに注入する豊胸術で、肥満度のわりにバストが小さい人、めりはりのあるボディを目指したい人に向いています。バストへは注射器で注入。切開しないので傷が残りません。バッグなどの人工物ではなく、自分自身の脂肪であるということも安心できます。

治療法
  1. 脂肪の吸引
    患者様本人のお尻やお腹といった部分から、余分な脂肪を医療用の特別な注射器を用いて吸引します。吸引する範囲によって料金が大幅に変わってきますので、事前のカウンセリンングでよく確認しておきましょう。一度にとれる脂肪は1000~2000ccです。
  2. 脂肪の注入
    取った脂肪は、生理食塩水で洗浄し、バストアップに使える脂肪を確保します。1000~2000ccあった脂肪でも使えるものは100~200ccです。極細の注射針を使用して脂肪をバストに少量ずつ丁寧に形を整えながら注入していきます。切開は行いませんので傷跡が残る心配はありません。注入した脂肪は、約1ヶ月で生着し安定します。生着しなかった脂肪は自然に吸収されます。また、生着率を高めるため数回にわたって注入する場合もあります。
術後、アフターケア

施術後はバッグを入れたときに比べ、ふっくらと自然な仕上がりになります。ヒアルロン酸のように全て吸収されないので、持続期間がやや長くなります。
脂肪注入を受けた後はしばらく安静にしなくてはなりません。激しい運動やアルコールは控えましょう。術後の脂肪の生着率に個人差があるため、過度の期待をかけることなく、どの程度の効果が得られるものなのかという判断は事前にしっかり確認しておきましょう。

高須の豊胸術

これまで多くの女性のリクエストに応えてきた高須クリニックが、きめ細かなカウンセリングと確かな技術、豊富な選択肢で、イメージ通りのバスト作りをサポートします。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大