特徴

乳輪縮小の特徴

「先天的に乳輪が大きい」「授乳によって乳輪が広がって大きくなってしまった」など、バストサイズと同じくらい乳輪の大きさに悩む女性は少なくありません。また、バストの大きな方は成長過程に乳輪も大きく広がってしまうこともあります。
乳房や乳首の状態、乳輪の大きさなどによって、乳輪を小さくする手術方法は様々。基本的には、乳輪外側部分の周囲を丸く切除し、皮膚を縫い縮めます。もちろん局部麻酔を行うため、術中の痛みはありません。また乳腺を傷つけることもなく、授乳時への影響もありません。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • ずっと大きな乳輪が気になっている
  • 授乳で乳輪が大きくなった
  • 授乳への影響なく乳輪を小さくしたい
  • 半永久的な効果を望んでいる
  • 乳輪のぶつぶつが気になる
  •  

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約30分
術後の通院 1~2回
術後の腫れ 1~2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔と局所麻酔併用
シャワー 創部がぬれなければ当日より可能

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須幹弥医師

乳輪が大きいと悩む方の中には、色が濃いために目立っているというケースもよくあります。このような方には、美白効果の高いトレチノインとハイドロキノンによる塗り薬の治療をおススメしています。塗り薬で悩みが解決できるなら、そのほうがずっと気軽でリーズナブル。当院では、患者様の快適性を第一に考えて、最適な方法を提案しています。また、乳輪のぶつぶつ(モントゴメリー腺)が気になる方もお気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大