症例写真

顎の梅干しジワにボトックスを注射した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(1週間後)
Before After(1週間後)
高須幹弥医師からのコメント

40代女性の患者様で、アゴにできる梅干しジワを気にされていました。
ボトックス・ボツリヌストキシン注射をしたところ、アゴの梅干しジワはほとんどできなくなりました。
この方のように元々アゴがあまりない人は、ちょっと唇やアゴに力を入れたり表情を作るだけで、このように梅干しジワができてしまいます。
何も治療をしないとどんどん梅干しジワが刻まれてしまい、治療が困難になるので、ひどくなる前に治療をするのが良いです。
また、この方のようにアゴがあまりない人には、ヒアルロン酸注射やシリコンプロテーゼでアゴを出すことによっても、ある程度梅干しジワを改善できることがあり、その場合、輪郭が綺麗になって、全体的にバランスの良い顔になることが多いです。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大