症例写真

バッカルファットを除去し頬をスッキリさせた20代女性の症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、「頬の肉が気になる」ということで来院されました。
患者様は、「これはたるみですか?脂肪ですか?」と質問され、診察させていただいたところ、年齢相応の皮膚のたるみと皮下脂肪とバッカルファットによるものでした。
頬の膨らみ、ボリュームは、たるみや皮下脂肪によるものはわずかでしたので、まずはバッカルファットを切除することになりました。
手術は局所麻酔下に頬の内側の粘膜を約1cm切開し、片側につき、卵の黄身よりもやや小さいくらいのバッカルファットを左右から除去しました。
術後は、頬の膨らみが減って、フェイスラインがすっきりし、やや小顔になりました。
また、頬のボリュームが減った分、たるみが改善し、若返り効果もみられました。
バッカルファットは、加齢と共に下垂し、頬のたるみを加速させ、年月が経つとブルドックのようになっていくことがあります。
そうなる前の段階でバッカルファットを適量除去しておくと、アンチエイジング効果があります。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
バッカルファット除去手術をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、翌日の朝にはほとんど引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
少しスッキリした感じです。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
完全に腫れは引き、完成です。
頬の膨らみが軽減したのがわかります。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大