症例写真

バッカルファット除去と小鼻(鼻翼)縮小手術を同時に行った症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

  • 切除したバッカルファットです。左右合わせて卵の黄身1個半分くらいのボリュームです。

20代女性の患者様で、鼻の形と、小顔のご相談で来院されました。
診察させていただいたところ、鼻は全体的に低く、鼻筋が通っておらず、鼻先も潰れたような状態でした。
また、小鼻が横に広がっており、鼻の穴がやや大きめでした。
小鼻に関しては、頬骨がやや横に張っている以外は、エラや顎先が特別突出している所見はありませんでした。
頬の皮下脂肪やバッカルファットが発達していました。
患者様としっかりカウンセリングし、メソシェイプフェイスや鼻のシリコンプロテーゼ、シャープラインノーズ(鼻専用の長期持続型ヒアルロン酸注射)など、色々な治療も説明させていただきましたが、まずは小鼻(鼻翼)縮小手術とバッカルファット除去手術をすることになりました。
小鼻縮小は、鼻の穴の中から鼻翼の外側の途中にかけて約6mmの幅で皮膚と組織を切除し、縫合しました。
バッカルファット除去手術は、口の中から左右の頬の頬脂肪体を、合わせて卵の黄身1個半程度切除しました。
術後はほどよい形の小鼻になり、また、頬のボリュームが少し減ったことにより、術前より小顔になり、患者様には大変満足していただきました。
この患者様のように、頬の脂肪が発達して膨らんでいる人は、若いうちにバッカルファットを除去しておくと、将来年をとったときに頬がたるみにくくなるので、小顔という点でも、アンチエイジングという点でも、非常に有効だと思われます。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:正面

手術前
手術前です。
バッカルファット除去手術と小鼻(鼻翼)縮小手術を同時にすることになりました。
手術直後
手術直後です。
バッカルファット除去手術によって頬が腫れていますが、これはほとんどが局所麻酔注射によるものなので、半日で引いてしまいます。
小鼻には縫合した糸がついています。
1週間後
1週間後です。
小鼻の縫合糸は抜糸しました。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
腫れは完全に引いています。

■術後の経過:下から

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
1週間後
1週間後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大