症例写真

バッカルファットを除去し、頬がすっきりしてフェイスラインの乱れが解消した30代女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、頬のたるみと膨らみを気にされていました。
診察させていただいたところ、軽度にバッカルファットが下垂していることにより、頬がたるみ、フェイスラインがみだれていました。
患者様は、「今後の老化予防のためにも、バッカルファットを取って、頬をすっきりさせたい」というご要望でしたので、バッカルファット除去手術をすることになりました。
口の中の粘膜を左右約1cmずつ切開し、左右合わせて卵の黄身1個半くらいのバッカルファットを切除しました。
術後は頬の膨らみが軽減し、フェイスラインの乱れも少し解消しました。
人間は誰でも、加齢と共に頬の肉が下垂していき、フェイスラインがみだれていきます。
早いうちにバッカルファットを除去しておくと、老化によるバッカルファットの下垂を予防することができるため、将来、ブルドッグのように頬がたるんでフェイスラインがみだれるのを防ぐことができます。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大