症例写真

目の下のゴルゴ線をヒアルロン酸注射で改善させた症例写真

ビフォー・アフター
Before After(1週間後)
高須幹弥医師からのコメント

30代後半の女性患者様で、ゴルゴ線を気にされて来院されました。
診察させていただいたところ、目の下の眼窩内脂肪がやや前方に張り出しており、膨らんでいました。
眼窩内脂肪の膨らみの下は窪んでおり、いわゆるゴルゴ線が形成されていました。
このような状態の場合、まず、下まぶたの裏側から眼窩内脂肪を除去する手術をし、1ヶ月くらい経過してある程度腫れが引いたら、ゴルゴ線にヒアルロン酸を注射して溝を埋めるのが望ましいです。
そのことを患者様にお話ししたところ、「まずはヒアルロン酸注射だけでやりたい」というご希望だったので、ゴルゴ線にヒアルロン酸注射をすることになりました。
目の下専用の粒子の細かい長期持続型ヒアルロン酸1本(1cc)を左右のゴルゴ線に分散して注入しました。
注射後は、ゴルゴ線が程よく膨らみ、目立たなくなりました。
ゴルゴ線があると、恐い印象、陰気な印象、暗い印象、老けている印象、窶れている印象をもたれがちなので、このような治療でゴルゴ線を目立たなくするのは有効です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大