症例写真

首の後ろの巨大な黒子を1回でCO2レーザーで除去した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、首の後ろにある大きな黒子をとりたくて来院されました。
直径約10mmの盛り上がった黒子でした。
このような大きな黒子は、切除縫縮手術をして1本の傷にするか、CO2レーザーで焼いてくりぬくか、2種類の治療法があります。
切除縫縮手術の場合は、黒子の直径の約4倍の長さの細い傷が首の横ジワに沿って残ります(この黒子の場合だと約4cmの傷になる)。
CO2レーザーの場合は、黒子の面積と同じか、それより一回り小さい面積の瘢痕が残ります。
また、切除縫縮手術の場合は約1週間後に抜糸に来ていただく必要がありますが、CO2レーザーの場合は特別なことがなければ術後に通院していただく必要はありません。
この患者様はCO2レーザーでの治療を選択されました。
術後6ヶ月の時点では肉が盛り上がってほぼ平らになり、赤みも引いてかなり目立たなくなりました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
治療前
治療前です。
CO2レーザーで除去することになりました。
治療直後
CO2レーザーで除去した直後です。
根が深い黒子だったのでかなり窪んでいます。
1週間後
1週間後です。
かさぶたが張って乾燥しています。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
肉が盛り上がってほぼ平らになりました。
まだ赤みがあります。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
まだ少し赤みがあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
だいぶ赤みが引いて目立たなくなりました。
年月と共に更に赤みが引いて目立たなくなります。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大