特徴

プラセンタ注射の特徴

若々しい美しい素肌を永遠にキープしたい」。そんな女性の願いを叶えるのが、プラセンタの力。生命力にあふれた胎盤から生成された多くの美肌効果を持つ成分で、このプラセンタエキスを皮下に注射することで、肌自体の潜在能力を最大限に引き出していきます。

■施術風景、解説動画

点滴メニュー、施術ポイントなどを、動画で解説します。

【プラセンタとは?】

保湿・美白効果に優れていることで有名な成分。たった1個の受精卵を10ヶ月の間に約3kgにまで成長させるパワーを秘めた胎盤を元に生成されており、タンパク質や酵素、ビタミン、アミノ酸、ミネラル、糖類ほか、数百種類の成分を含みます。肝炎や更年期障害、胃潰瘍などの治療に用いられており、治療を受けた多くの人から、「シミが薄くなった」、「アトピーが治った」という声が上がったことから、その美肌効果が脚光を浴びました。肌のコンデションを総合的に整えるため、老化防止をはじめ、ニキビや赤ら顔の改善などにも効果を発揮します。
※1回1アンプル(2ml)を2週間ごとのペースで注射するのがおススメです。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 肌の調子を良くして美肌になりたい
  • 小じわを改善したい
  • ニキビを治したい
  • 赤ら顔をすっきりさせたい
  • シミ・くすみが気になる
  • 乾燥肌やアトピー肌で悩んでいる

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約3~5分
術後の通院 なし
術後の腫れ ほとんどなし(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 なし

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■献血をすることができなくなる

プラセンタ注射の注意点に、注射を受けた後、献血をすることができなくなるということがあります。
日本赤十字社が一般の人から献血をする際、「献血をお断りする人」というルールがあります。

それは、
・貧血がある人
・妊娠中、授乳中の人
・喘息をもっている人
・悪性腫瘍にかかったことがある人、かかっている人
・痙攣性の疾患をもっている人
・心臓病をもっている人
・脳卒中になったことがある人
・過去に輸血を受けたことがある人
・過去に臓器移植を受けたことがある人
・6ヶ月以内に不特定多数の異性と性行為した人
・6ヶ月以内に同性と性行為した人
などがあり、これら以外にも様々なルールがあります。

現在のところ、プラセンタ注射など胎盤エキスを注射したことがある場合も献血を受けることができないことになっています。
プラセンタ注射自体に特別害があるわけではないのですが、献血によって輸血製剤、血液製剤を作る際には厳重な過程があるため、このようなルールになっています(日本赤十字社は「あくまでも輸血の安全性を可能な限り高めることを考えてのことです。是非ともご理解下さい」と表記しています)。
そのため、献血をすることが好きなボランティア精神に溢れる方は、プラセンタ注射をすることはおすすめしません。
また、美白点滴、アンチエイジング美年齢点滴の中にもプラセンタが含まれているため、同様のことがいえます。
ただし、美白点滴やアンチエイジング美年齢点滴を受けたい方で、どうしても献血をしたい場合は、プラセンタを抜いて点滴させていただくことが可能です。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須英津子医師

プラセンタは、美肌効果の高さはもちろん、安全性にも優れるもの。二の腕やおしりの皮下に直接注射するので、効果も持続し、無駄なく全身に行渡り、肌の調子がぐっとアップするのを実感していただけます。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大