特徴

ヒップヒアル(お尻のヒアルロン酸注射)の特徴

後ろ姿の美しさの決め手になるのは、やはりお尻。セクシーで若々しい美しいお尻というのは、たるみがないのはもちろん、上の方にボリュームがあって、ぷるんと丸いカタチをしています。
形の悪いお尻は、上部のボリュームがなく、下の方がたるんでおり、色気がありません。骨格、脂肪の付き方、筋肉の付き方などによっては、扁平でボリュームがない、色気のないお尻になってしまいます。
そこで、もともと扁平なお尻や、加齢によってたるんでしまったお尻など、お尻の上部のボリュームがなく貧相な形のお尻に対して、お尻の上部にヒアルロン酸を注射し、ボリュームを出すことにより、上に上がったセクシーで張りのあるヒップにすることができます。

ヒアルロン酸注射の一回の注入量の目安は、片側につき20~50ccくらい。お試しで軽く注入する場合は、片側につき10ccずつでも注入可能です。注入したヒアルロン酸は、約3年で吸収されてなくなっていきます。
尚、ヒップヒアルとよく似た効果をもつ施術には、自分の脂肪でボリュームアップする脂肪注入があります。どちらが自分に向いているか、ぜひ比較検討してみてください。

→お尻(ヒップ)の脂肪注入

【施術クリニック】名古屋、大阪

後姿も、横からみても、カタチのいいお尻へ。セクシーにヒップアップ

背面

痩せていて貧相なお尻。
ヒアルロン酸注射(斜線部分がヒアルロン酸注射をする範囲)
お尻が膨らむ
張りのあるセクシーなお尻になる。

側面

横から見て、扁平で、色気のないお尻。
ヒアルロン酸注射入(斜線部分が脂肪注入する範囲)して、お尻の上部のボリュームを出す
ヒップアップされる
色気のあるセクシーなお尻になる。

ヒアルロン酸の注入量は、ご希望に合わせて自由自在

ヒアルロン酸注射の大きなメリットとして、少量ずつ何度かに分けて注入ができます。

例えば、まずお試しで少量のみ注入してみて、気に入ったらまた注入していくことができます。
急激に変化して、知り合いに気づかれるのが嫌な場合は、日にちを空けて、何回かに分けて注入することも可能です。空ける間隔については、医学的には注入した翌日でも再び注入することはできますが、患者様の環境やキャラクター、腫れ具合にもよるので(基本的にそれほど腫れませんが)、詳しくはカウンセリングのときに診察する医師にご確認ください。場合によっては1~2週間くらいは空けることもあります。
もちろん、最初からたくさん注入して、しっかりとボリュームを出すこともできます。

1回の目安量は、片側につき20~50cc程度。お試しで軽く注入する場合は、10ccずつでも可能です。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 扁平なお尻に立体感を出したい
  • セクシーなお尻になりたい
  • 気軽にヒップアップしたい
     
  • 他人に知られないよう徐々にボリュームアップしたい

ページトップへ戻る

ヒップヒアルと他のお尻をボリュームアップする施術(脂肪注入)の比較

  脂肪注入 ヒップヒアル(ヒアルロン酸注射)
施術時間 2~3時間程度 約20分
持続効果 注入量の約50%が定着し、永久。 3年程度
*約1年十分な効果が得られ、ゆっくりと吸収される
腫れ 大きい *1~2週間 わずか
向いている方 ・お尻に十分注入できる余分な脂肪が吸引できる
・永久的な効果を望んでいる
・気軽にヒップアップしたい
・何度かに分けて注入し、徐々にボリュームアップしたい
・全身が痩せていてお尻に注入するだけの脂肪を吸引できない

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約20分
術後の通院 なし
術後の腫れ ごくわずか(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔と局所麻酔併用
シャワー 当日より可能

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須幹弥医師

キュッと上がったお尻は憧れですが、残念ながら日本人に多いのは立体感のない扁平なタイプ。そして年齢とともに垂れ下がって、ますます貧相になっていきます。外国人のようなプリッと上がったセクシーなお尻にする方法には脂肪注入もありますが、体にも気持ちにも負担が少ないのは、やはりヒアルロン酸注射。脂肪注入の前に、「お尻が変わるとどれくらいスタイル全体に影響するかを体験するために試しに受ける」という方もいらっしゃいます。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大