症例写真

先天性と思われる片目の眼瞼下垂を修正し、反対の目は二重まぶた全切開法をした症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(目を開けた状態)
 
  After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、眼瞼下垂手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、左目に比べ右目の開きが悪く、細い目をしていました。
左目の開きは正常でした。
右目の開きは元々悪く、更に徐々に悪くなってきた気がするとのことでしたので、恐らく、右目は生まれつき先天性眼瞼下垂であり、後天性眼瞼下垂も加わったのではないかと考えられました。
患者様は、右目の眼瞼下垂を治し、左目は今よりも二重の幅を広げたいとのご要望でしたので、左目は二重まぶた全切開法で二重の幅を広げ、その目に合わせて右目の眼瞼下垂手術を行い、なるべく左右対称にすることになりました。
術後は、ぱっと見てほぼ左右対称になりましたが、右目は元々先天性眼瞼下垂であったため、まぶたを開ける上眼瞼挙筋の力が弱く、まぶたの開きや二重のラインの食い込み方にわずかな左右差は見られます。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
右目は眼瞼下垂手術を、左目は二重まぶた全切開法をすることになりました。
手術直後
目を開けた状態
手術直後(目を開けた状態)です。
麻酔の影響などにより強い腫れがありますが、必ず引くので心配ありません。

目を閉じた状態
手術直後(目を閉じた状態)です。
糸がついているのがわかります。
1週間後
目を開けた状態
1週間後(目を開けた状態)です。
抜糸をしました。
大きな腫れは引いています。

目を閉じた状態
1週間後(目を閉じた状態)です。
糸は取れています。
1ヶ月後
目を開けた状態
1ヶ月後(目を開けた状態)です。

目を閉じた状態
1ヶ月後(目を閉じた状態)です。
6ヶ月後
目を開けた状態
6ヶ月後(目を開けた状態)です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

目を閉じた状態
6ヶ月後(目を閉じた状態)です。
傷跡は目立ちません。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大