症例写真

二重まぶたミニ切開法+上眼瞼リフト(眉下切開たるみ取り)を同時に行った症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、両目とも二重のラインはあるのですが、左のラインがはっきりせず、目尻側が途中で二股になって途切れている状態でした。
また、年齢相応にまぶたの皮膚が被さっており、特に外側の二重のラインの上に肉が被さっているような状態になっていました。
患者様は、二重のラインをはっきりさせて、二重の幅も今より少し広げて、尚且つ、二重のラインの上に被さっている皮膚と脂肪のボリュームを取ってほしいというご希望でした。
手術は、二重まぶたミニ切開法で二重のラインをはっきりさせ、上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)で、二重のラインの上に被さる皮膚と脂肪を除去することになりました。
二重まぶたミニ切開法は、元々ある二重のラインとほぼ同じ位置で切開し、二重のラインをはっきりさせるようにしました。
上眼瞼リフトでは、最大幅約13mmで皮膚を切除し、わずかに眼輪筋とその下のROOFも切除しました。
眼窩内脂肪はそれほど余分に余っているわけではなかったため、除去しませんでした。
術後は、二重のラインがほぼ左右対称にはっきりし、また、まぶたの被さりが取れてスッキリして、患者様には大変満足していただきました。
二重のラインの上に被さる皮膚のたるみは、二重のラインで切除すると、厚い皮膚ではなく薄い皮膚を切除することになるため、厚ぼったさが出てしまいます。
そのため、このような患者様に対しては、上眼瞼リフトを行い、眉毛の下で余分な分厚い皮膚を切除するのがお勧めです。
安易に、二重まぶた全切開法のときに、二重のラインで余分な皮膚を切除してしまうと、まぶたの下の方の薄い皮膚を切除することになるため、厚ぼったい不自然な目になってしまいます。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
目を開けた状態
手術前(目を開けた状態)です。
上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。

目を閉じた状態
手術前(目を閉じた状態)です。
手術直後
目を開けた状態
手術直後(目を開けた状態)です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

目を閉じた状態
手術直後(目を閉じた状態)です。
7日後
目を開けた状態
7日後(目を開けた状態)です。
抜糸をしました。

目を閉じた状態
抜糸直後(目を閉じた状態)です。
3週間後
目を開けた状態
3週間後(目を開けた状態)です。
大きな腫れは引いていますが、まだわずかに腫れがあります。

目を閉じた状態
3週間後(目を閉じた状態)です。
まだ傷跡の赤みがありますが、必ず引くので心配ありません。
6ヶ月後
目を開けた状態
6ヶ月後(目を開けた状態)です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

目を閉じた状態
6ヶ月後(目を閉じた状態)です。
傷跡の赤みは引きました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大