症例写真

分厚い一重まぶたに埋没法2針固定で自然な幅の末広型二重を作った症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
(目を開けた状態)
 
  After(6ヶ月後)
(目を閉じた状態)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、まぶたの皮膚が分厚く、脂肪がたくさんついていました。
アイプチやアイテープをよくしているためか、左目はうっすらと二重のラインらしき線がありましたがはっきりせず、右目は完全な一重まぶたでした。
適度に蒙古襞が発達して張っており、まぶたの開きもあまりよくありませんでした。
このようなまぶたには、二重まぶた全切開法で幅の狭い末広型二重を作り、余分な眼窩内脂肪やROOFを切除するのが最も黒目がはっきりと見え、自然で綺麗な二重になるのですが、患者様はまずは埋没法でやってみたいというご希望でした。
まぶたが分厚く、まぶたの開きも良くないため、埋没法をしても、すぐに糸が緩んで元に戻り易いタイプであるため、1針固定ではなく、2針固定で埋没法をすることになりました。
このようなまぶたの場合、目尻側に幅が見える程度で、真ん中から目頭側までは奥二重になるくらいの狭い二重にするのが最も糸が緩みにくいのですが、患者様は、「目を開けた状態で二重のラインが見える二重にしたい」というご希望であったため、二重の幅が見える末広型二重でデザインして手術しました。
術後はご希望通りの目を開けた状態で二重の幅が見える二重になり、患者様には大変満足していただきました。
2針固定で行ったため、強固に二重のラインが固定されており、術後6ヶ月でも糸は緩んでおらず、はっきりした二重を維持しています。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
分厚い一重まぶたです。
二重まぶた埋没法2針固定で、自然な末広型二重を作ることになりました。
手術直後
目を開けた状態
手術直後です。
腫れていて幅が広いですが、必ず腫れは引くので心配ありません。

目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
6日後
目を開けた状態
6日後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだまだ腫れています。

目を閉じた状態
6日後の目を閉じた状態です。
3週間後
目を開けた状態
3週間後です。
更に腫れは引きましたが、まだわずかな腫れは残っています。

目を閉じた状態
3週間後の目を閉じた状態です。
3ヶ月後
目を開けた状態
3ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

目を閉じた状態
3ヶ月後の目を閉じた状態です。
6ヶ月後
目を開けた状態
6ヶ月後です。
二重のラインはしっかりと維持されており、埋没糸の緩みはありません。

目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大