よくある質問

私は普段大きめのカラコンをしているのですが、カラコンをした状態で、カラコンの下まで全部見えるように、タレ目形成(グラマラスライン)で黒目の下を下げてもらうことはできますか?

高須 幹弥 医師

理屈的には可能ですが、そこまでするのはおすすめしません。

カラコンをした状態でカラコンの下まで全部見えるように下げるということは、カラコンを外して裸眼の状態になると、黒目の下の白目が見えた、いわゆる「下白眼」の状態になります。

下三白眼は、睨んでいるような目であり、陰気な印象、犯罪者のような印象があり、他人から見て、いい印象ではないことが多いです。

カラコンをしているときは、下三白眼にはならないため、いいのかもしれませんが、カラコンというのは一生つけているものではありません。

将来、ドライアイになったり、目の病気になったりして、コンタクトレンズをすることができなくことも考えられるし、お爺ちゃんお婆ちゃんになってもお洒落でカラコンするとは思えません。

ただでさえ、タレ目形成(グラマラスライン)で下まぶたを下げ過ぎたときは、ドライアイになったり、結膜炎になるリスクがあるので、必要以上に下げるのはよくありません。

また、タレ目形成(グラマラスライン)手術は、下げ過ぎてしまった下まぶたを元に戻すのが困難であることが多いです。

手術術式や下げる程度にもよりますが、ほとんど戻せないことが多いです。

そのため、下げ過ぎてしまった後、「やっぱり変だから戻してほしい」と仰られても、元に戻すことができず、ドライアイにもなり、一生辛い人生を過ごさなければならないことにもなります。

タレ目形成(グラマラスライン)は、安全な範囲内、自然な範囲内で、無理しない程度に、黒目の外側のみを下げることをおすすめします。

安全な範囲内で下まぶたを下げた場合は、将来、年を取って老化しても、不自然になったり、後遺症が出ることはありません。

かなりつり目まなのですが、他にも目尻を下げる方法はありますか?

森本 剛 医師

目尻を下げる方法としては、当院では垂れ目形成のみとなります。但し、二重の幅を調整したり、目頭切開や目尻切開などの他の施術と併用することで、つり目を目立たなくすることができる可能性ものあります。その方の目の形や目もとの皮膚・脂肪の状態などによってご提案できる方法は異なってきますので、実際のカウンセリングで医師と詳しくご相談ください。

目はどれくらい大きくなりますか?

森本 剛 医師

目尻が下がる分、目も大きくなるといえます。目の印象度が上がるためか、実際に大きくなった分より目がはっきりとする効果が高いようです。但し、垂れ目形成の第一の目的は、あくまでも癒し系の優しい目もととを作ることにあります。ぐんと大きくしたい場合は、二重まぶた形成や目尻切開、目頭切開、眼瞼下垂の手術などと併用するのをお勧めしています。

術中の痛みや術後の腫れが心配です。

鵜飼 潤 医師

事前に切開部分を十分にカバーする局所麻酔をしたうえで手術を行いますので、術中の痛みは心配ありません。局所麻酔は注射をするのが少しだけ痛いのですが、その前にクリーム麻酔をして針を刺す痛みも軽減しています。術後の腫れについては個人差がありますが、1週間程度は麻酔や切開の影響で腫れが出ます。外出の際などは、サングラスやつばのある帽子を深めにかぶるなどでカバーしていただければと思います。

術後、いつからアイメイクできますか?

日下志 厳 医師

術後約1週間で行われる抜糸を終えれば、翌日からアイメイクをしていただいても結構です。マスカラ、アイライン、アイシャドー等のアイメイクは抜糸翌日以降とお考えください。アイメイク以外のお化粧については、手術直後からでも可能です。尚、シャワーや洗顔については創部がぬれなければ手術当日からできますので、日常生活に特に差しさわるようなことはないと思います。

どれだけ下瞼を下げる事ができますか?

高須 幹弥 医師

個人差はありますが、2mm位が限度の場合が多くなります。理屈的にはもっと下げることは可能ですが、やり過ぎると下瞼が外側にめくれてしまい、アッカンベーをしたような状態になってしまいます。もしそのような状態にしなると、元に戻すことが非常に困難となります。目全体、さらには顔全体のバランスも考え、あまり度を越さない手術をお勧めします。

垂れ目形成と目尻切開とは何がどう違うのでしょうか。

日下志 厳 医師

垂れ目形成は、下まぶたの外側を切開し、この部分を下方へ下げる手術です。この方法によって垂れ目になり、目の外側が下に下がった分、目が大きくなります。目尻切開は目の外側を切開して目を外側、横方向に広げます。これによって、切れ長の大きな目になります。切開部分の違いによって、目の印象もかなり変わってくるのです。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大