症例写真

二重まぶた全切開法で、一番自然な幅よりもやや幅を広くして平行型二重にした症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
 
  After(6ヶ月後メイクあり)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた切開法希望で来院されました。
診療させていただいたところ、やや蒙古襞が張っており、狭い二重のラインがあるため、内側は奥二重で、目尻側にわずかに二重の幅が見える末広型二重になっていました。
ややまぶたの皮膚が厚めでもあったため、このようなまぶたの場合は、末広型のままわずかに二重の幅を広げる程度に全切開法をするのが最も自然で似合っており、二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんだりせず、まつ毛の生え際がある程度見えます。
ただ、患者様は目頭側も二重の幅がある平行型二重にしたいというご要望だったので、蒙古襞を乗り越えるある程度幅の広いデザインで全切開法をすることになりました。
全切開法の際、眼窩内脂肪を適量切除しましたが、ROOFは切除せず、皮膚切除も行いませんでした。
手術後は、二重のラインの下の皮膚がややぷっくり膨らんで、わずかにまつ毛の生え際に覆い被さっていますが、ご希望の目頭側も二重の幅がある平行型二重になりました。
二重のラインの下の皮膚のぷっくりやまつ毛の生え際が隠れるのも、患者様の中では許容範囲内であり、大変満足していただきました。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
二重まぶた全切開法をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れています。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
わずかに内出血がありますが、この程度なら、あと1週間程度でほとんど引きます。
3週間後
3週間後です。
大きな腫れはだいぶ引いていますが、まだわずかな腫れは残っています。
6ヶ月後
メイクなし
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

メイクあり
6ヶ月後のメイクありです。
患者様が普段しているメイクをご自分でしていただきました。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大