症例写真

アゴにヒアルロン酸注射をしてシャープな輪郭を作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After
Before After
Before After
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、顎先があまりないので、ヒアルロン酸注射で顎先を出したいという御要望でした。
顎先が斜め下方向に出るように、ヒアルロン酸を約2cc注射しました。
術後は顎先がシャープになり、正面、斜位、側面どの角度から見ても自然で綺麗なフェイスラインになりました。
顎先をシャープに出すと、先細り効果により小顔に見えるし、頬のたるみが目立たなくなることにより若返り効果もあります。
顎先にヒアルロン酸を注射した場合は、他の部位に注射するのに比べて、吸収されるのが遅く、効果が長く持続する傾向があります。
当院の長期持続型ヒアルロン酸を注射した方が、5~7年後に別のカウンセリングにお越しになった際、まだかなりの量のヒアルロン酸が残っていることが多いです。
また、同じことはシリコンプロテーゼでもできるため、半永久的な効果が御希望の場合はシリコンプロテーゼが良いです。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大