症例写真

エラボトックスと顎のシリコンプロテーゼで輪郭を綺麗にした症例写真

ビフォー・アフター
Before After
Before After
Before After
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、輪郭を綺麗に整えたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、顎が後退してややバランスが悪いフェイスラインをしてらっしゃいました。
また、ややエラが張っていて、正面から見て、顔の下1/3の横幅が広い状態でした。
輪郭を整えるために、顎先にシリコンプロテーゼを入れ、エラボトックス注射をすることになりました。
同時に小鼻縮小、鼻先の耳介軟骨移植、唇のヒアルロン酸注射も行いました。
シリコンプロテーゼは、顎先が約5mm斜め下方向に出るようにデザインして挿入しました。
術後は、程よく顎先が出て、エラも細くなり、正面から見て程よくシャープに顎先が尖った綺麗な輪郭になりました。
横から見ても斜めから見ても綺麗に整った輪郭になりました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大