症例写真

ハンプ切除+鼻骨切り幅寄せ手術を行った20代女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、ワシ鼻を治して、綺麗に鼻筋を通す目的でカウンセリングしました。
診察させていただいたところ、ハンプ(鼻骨と軟骨の接合部の突出している部分)が発達しており、ワシ鼻になっていました。
ハンプ切除をすることになりましたが、ハンプの部分の骨が発達して、骨が横にも広がっていたので、同時に骨切り幅寄せ手術もすることになりました。
手術後はワシ鼻が改善し、横から見て、鼻根部から鼻尖までがほぼ真っ直ぐな鼻になりました。
また正面から見て鼻根部から鼻背にかけて細くなったことにより鼻筋が綺麗に通り、患者様には大変満足していただきました。
ハンプが強く発達している鼻に対してハンプ切除のみを行うと、横から見て真っ直ぐになっても、鼻筋がなくなり、正面からみて鼻が太くなったように見えることがあります。
そのような鼻にはハンプ切除だけでなく、骨切り幅寄せも行うと、綺麗に鼻筋が通ります。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
ハンプ切除+鼻骨切り幅寄せ手術を同時に行うことになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れています。
鼻ギプスは2週間装着します。
4日後
4日後です。
内出血が出ていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
ギプス交換時の状態です
あと1週間ギプスします。
2週間後
2週間後です。
ギプスを外しました。
内出血は消えています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大