症例写真

鼻のエンドプロテーゼを除去するのと同時にシリコンプロテーゼを入れた症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、他院で鼻にエンドプロテーゼ(エンドプラストの可能性もあり)を注入されており、修正手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、鼻根部から鼻背部にかけてエンドプロテーゼと思われるものが注入されており、表面が不整に凸凹していました。
患者様は、エンドプロテーゼを除去するのと同時にシリコンプロテーゼを入れ、鼻を高くし、鼻筋を通したいというご要望でした。
通常、エンドプロテーゼやエンドプラスト、アクアミドなどが鼻に注入されており、注入物を除去してシリコンプロテーゼを入れる場合は、一旦注入物を除去し、6ヶ月以上空けてからシリコンプロテーゼを入れるのが最も確実で、望ましいです。
ただし、この患者様の鼻をしっかり診察させていただいたところ、エンドプロテーゼと思われる注入物は、皮下から骨膜上にかけて注入されており、いくつかの固まりになっていたので、エンドプロテーゼを除去するのと同時に骨膜下にシリコンプロテーゼを入れることができると判断しました。
手術は、局所麻酔下に、右の鼻の穴の中を切開して、骨膜下を剥離し、約3.5mmの厚さのI型シリコンプロテーゼを鼻根部から鼻背にかけて挿入しました。
その後、皮下から骨膜上に注入されているエンドプロテーゼをエイヒで掻き出して除去しました。
エンドプロテーゼは液状化してボロボロになっていましたが、ほぼ完全に除去することができました。
手術後6ヶ月の時点では、鼻が高くなり、自然に綺麗な鼻筋が通って、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
他院で鼻にエンドプロテーゼ(エンドプラストの可能性もあり)を入れられていて、鼻根部から鼻背にかけて凸凹しています。
鼻がわずかに曲がっているのは、エンドプロテーゼのせいではなく、元々曲がっているせいだと考えられます。
エンドプロテーゼを除去ですのと同時にシリコンプロテーゼを入れることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で鼻が全体的に腫れています。
止血のために右の鼻の穴の中に綿球を入れていますが、出血していなければ数時間で除去しても大丈夫です。
1週間後
1週間後です。
内出血は出てません。
大きな腫れは引いていますが、まだ浮腫んでいます。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大