特徴

ピアス(耳、ボディ)の特徴

ピアスホール用器具が市販されていますが、自分でピアスを開けると、ピアッシングの方向がずれて斜めにホールが開いてしまったり、前後のケアを怠ったために炎症を起こすなど、トラブルの原因になることがあります。
特にピアッシングの方向に気を使うボディピアスは、専門医に任せるのが安心。また、耳のピアスホールは炎症が一番起きやすい箇所なので、こちらもアフターケア用の消毒剤が処方されるクリニックでのピアッシングをおススメします。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

安心してピアスホールを開けたい 思い通りの美しいホールにしたい

ページトップへ戻る

症例写真

■ピアス へそ


高須敬子医師 からのコメント
流行のへそピアスは、このケースのような位置にされることが多いもの。耳に比べて角度的に難しいのもあり、自分で開けたり、センスのない機関でやると、穴が斜めになってピアスが入れずらくなってしまうことが多くあります。せっかく開けても入れずらいと、ピアスをするのが面倒になってしまいますよね。美意識の高い方なら、専門のクリニックへ。アフターケアも充実しているので安心ですよ。美しいピアスホールを安心できる技術と体制でお届けします。

ページトップへ戻る

施術に関して

施術時間 約5分
術後の通院 なし
術後の腫れ わずか(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 当日より可能

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須幹弥医師

自分で開けるより、衛生的できれいなクリニックでのピアッシング。開けた後のトラブルを避けたいなら、ぜひおススメです。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大