特徴

いびき治療(レーザー)の特徴

疲れているときなどは誰でもいびきをかきますが、それが重症になってくると大きな問題です。いびきは近くで寝ている家族などに迷惑をかけるというのもありますが、何より本人の健康面で色々なトラブルが出てくる可能性を持っています。
『レーザー』によるいびき治療は、狭い口蓋部分をレーザーで拡げるというもの。施術時間は30分程度。術前の麻酔は注射によるものではなく、ゼリー状の麻酔液を喉の奥へ置いて、口蓋部分に麻酔をかけるという方法です。
いびきの悩みが解消されると、睡眠の質がよくなるほか、友人との旅行などにも気楽に出かけられるなど、日常生活に多くの好影響が出てきます。

※高須克弥院長のみの手術となります。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

家族からいびきの大きさを指摘される 自分のいびきで目が覚めることがある

ページトップへ戻る

施術に関して

施術時間 約30分
術後の通院 0~1回
術後の腫れ 強い腫れは約1~2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 ゼリー麻酔とスプレー麻酔併用

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須克弥医師

いびきの原因には色々ありますが、最も多いといわれるのが肥満などで口蓋部が狭くなったことによるもの。まずは診察で、あなたの場合をきちんと判断します。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大