症例写真

額の傷跡を切除縫縮で修正手術した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、幼少期に受傷した額の傷跡を気にされて来院されました。
転んで怪我をしてできた傷らしいのですが、受傷時に近医で応急的に縫合されたため、傷が汚く、幅広く窪んで目立っていました。
手術は、額の横ジワと平行になって目立たなくなるように、切除縫縮して1本の細い傷になるようにしました。
術後6ヶ月の時点では、傷の赤みや盛り上がりはほとんど消え、シワと同化した目立たない傷になりました。
このようなシワの流れにそった傷は、手術で細い傷にするのが最も目立たなくなります。
手術後6ヶ月以上あけてフラクセルレーザーを繰り返し照射すると、さらに傷は目立たなくなっていきます。
このようなくっきりとした傷は、手術をせずに最初からフラクセルやフラクショナルCO2レーザーなどのフラクショナルレーザーを照射しても効果が乏しいので、まず手術することをお勧めすることが多いです。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:正面

手術前
手術前です。
切除縫縮手術をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
細かく細い糸で縫合しています。
1週間後
1週間後です。
抜糸しました。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
傷はまだ赤みがあります。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
だいぶ赤みは引きました。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ赤みは引きました。

■術後の経過:斜め

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
1週間後
1週間後です。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大