症例写真

傷跡 タバコの火傷跡を手術で修正

ビフォー・アフター
Before After
日下志厳医師からのコメント

18歳の女の子で、就職を前になんとか根性焼きを消す方法がないかと来院されました。タバコの火傷はほぼ2列に並んでおり、この程度の幅なら切って縫うことで1本の傷にできます。ご覧のようにガラスで切ったような傷になり、これなら根性焼きとは気づかれることもありません。その傷どうしたの?と聞かれても「小さいときにガラスで切ったの」と言い訳できますよね。これでもう、就職活動の面接にも自信。後ろめたい気持ちから解放され、笑顔でクリニックを後にされました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大