特徴

インプラントの特徴

毎日のお手入れが大変で、食事や会話に影響をおよぼすこともある入れ歯。高須クリニック独自の『インプラント』が、毎日のわずらわしさから解放します。

失った歯に代わる“第二の永久歯”

歯を失ったが最後、入れ歯に頼るしかなかったのは、過去の話。今や、自分の歯と同じように扱えるインプラントが主流の時代です。インプラントは、“人工歯根”とも呼ばれ、あごの骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療法。ガタつきや外れてしまう心配もなく、厄介な取り外しや特別な手入れも不要。まるで自分の歯のような“第二の永久歯”が手に入ります。

治療の流れ

1.カウンセリングの後、レントゲン等で口腔内の状態を診断。 2.この分析結果をもとに、専門のドクターが費用を含めた治療計画をご説明。3.インプラントを埋め入れる手術を実行。局部麻酔をするので、痛みの心配はありませんが、術後は歯を抜いた時のような鈍い痛みを感じることがあります。4.この土台が定着する1~6ヶ月後(最短で6週間)に、人工の歯を被せて終了。治療終了後は自分の歯と同じように歯ブラシをするだけで、半永久的にキープできます。

ページトップへ戻る

Guided Bone Regeneration/GBR(骨誘導再生)法

通常、インプラントを植立する場合、CTやレントゲンにて骨の状態を確認しますが、思ったように骨に厚みや深さが足りない場合に、GBR(骨誘導再生)法とよばれる手術にて骨造成手術を行う場合があります。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 自分の歯のような自然さがほしい
  • 手入れの面倒さをなくしたい
  • 現在の入れ歯に不満がある
  •  

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

通院回数 3~5回(個人差あり)
入院の必要性 なし

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■全身疾患に罹患されている方、過度の歯ぎしりやくいしばりが強い方など

糖尿病、心臓疾患、不整脈、高血圧、骨粗しょう症、の様な全身疾患に罹患されている方は基本的にはインプラントの手術ができません。
また、病気ではありませんが、過度の歯ぎしりやくいしばりが強い方もインプラント治療は避けた方が良いでしょう。さらに、インプラントを埋める周囲の骨の厚みや高さが不足している場合、インプラントをそのまま埋めてしまうと、力学的にアンバランスな状態になってしまい、すぐにダメになってしまう可能性も考えられます。また、重度の歯周病に罹患している方も、同じようにすぐにダメになってしまうと考えられます。無論、妊娠中の方は、レントゲン撮影や薬の服用ができませんので、インプラントの手術はできません。
偶発症(偶然に起こる予測不可能な事案)が起こるリスクもあります。
下顎の骨の中には下歯槽管(または下顎管)という管が通っており、そこには下歯槽神経と下歯槽動脈・静脈が通っていますが、下顎骨へのインプラント手術でドリルで骨を削る際に、その管を圧迫したり、或いは深く削ってしまい、直接傷付けてしまうというような可能性があります。それにより、術後に、唇やその周囲、頬の周辺などに麻痺が起こってしまう場合があります。

・術後、セラミッククラウンの装着等にかかわる問題
インプラント手術後は人工的に怪我をしたのと同じことですから、当然、痛み、腫れ、内出血、しびれ等の可能性があります。
また、骨の質があまり良くない(柔らかい・骨の密度が少ない)等の場合や、術後に過度の力がインプラント体に加わると、インプラントが骨と結合しない場合があります。また術後に、インプラントを埋めた部位が細菌感染を起こしてしまうと、インプラントが骨と結合しないことがあります。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

内藤真次歯科医師

インプラントは怖いというイメージを持たれる方も多いようですが、インプラント手術は入院の必要がなく、親知らずを抜くより簡単な場合がほとんどです。また、治療後のメンテナンス等は、通常の義歯よりも負担が少ないという利点があります。治療の前に、じっくりとカウンセリングを行ないますので、是非一度ご来院ください。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • 歯科専用フリーダイヤル 0120-4180-86 電話受付時間 9:30~19:00(歯科直通:東京 03-3583-9244/大阪 06-6372-5518)
    文字サイズ
    小 中 大