症例写真

シリコンプロテーゼで顎を下方向に出さずに前方にのみ出した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、顎を出したいというご要望で来院されました。
診察させていただいたところ、やや口元がボコッと出ているタイプの骨格でした。
下顎は、縦の長さは十分あるのですが、後退しているタイプの顎で、口元が出ていることにより、余計に顎が引っ込んで見えている状態でした。
顎を出す方法は、ヒアルロン酸注射とシリコンプロテーゼがありますが、患者様は永久的な効果のある治療を希望されていたので、シリコンプロテーゼを行うことになりました。
プロテーゼを入れるデザインは、顎先を下方向には出さずに、前方にのみ出すようにしました。
約7mmの厚みのプロテーゼを作成し、顎先の前面の骨膜と下顎骨の間に挿入、留置しました。
術後は程よく顎先が尖るように前方に出て、正面から見た顔も横から見た顔もバランスがよくなりました。
顔が縦に長くなることがなく、綺麗なフェイスラインになったので、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:正面

手術前
手術前です。
引っ込んで後退している顎に対してシリコンプロテーゼを入れることになりました。
患者様のご要望もあり、下方向には顎を出さず、前方にのみ出すことになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れており、顎全体が大きくなっていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
大きな腫れは引いていますが、まだ浮腫みがあります。
3週間後
3週間後です。
まだ、わずかな腫れがあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

■術後の経過:横

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
1週間後
1週間後です。
3週間後
3週間後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大