症例写真

エラボトックス注射の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(1ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、小顔希望で来院されました。
一般的に顔が大きい原因というのは、

  • 頬骨が張っている
  • エラの骨が張っている
  • エラの筋肉が張っている
  • 顔に脂肪がついている
  • 頬や顎がたるみ、下膨れになっている
  • 元々顔全体が大きい
などがあり、この方の場合は、エラの骨と筋肉が張っているため、正面から見て顔の下半分の横幅が広がっていました。
そのため、治療法としては、エラの筋肉を細くするエラボトックス・ボツリヌストキシン注射とエラの骨を削る手術が適応になります。
この方の顔の特徴は、正面から見ると顔の下半分の横幅が広いのですが、側面から見たフェイスラインはそれほど悪くないので、そのようなタイプは、エラ削りよりもエラボトックス・ボツリヌストキシン注射のほうが効果があります。
また、エラ削りはリスクの高い手術であるため、3~4日間の入院と全身麻酔が必要で、術後の強い腫れが1ヶ月以上続くのに対し、エラボトックス・ボツリヌストキシン注射は注射をするだけなので、数分で終わり、注射後の腫れはほとんど目立ちません。
そのようなこともあり、まずはエラボトックス・ボツリヌストキシン注射をすることになりました。
1ヶ月後には、エラの筋肉が細くなり、正面から見た顔の下半分の横幅がかなり細くなりました。
これ以上細くしたい場合はエラ削りをしなければなりませんが、この方は大きな手術はしたくなく、この結果で十分満足しているのとのことでした。
当院のエラボトックス・ボツリヌストキシン注射は、1回の注射だと、薬の作用は約6ヶ月でなくなりますが、3~4割程度の効果は半永久に残ります。
約5ヶ月おきに5回程度注射すると、咬筋のボリュームはほぼ完全になくなり、かなりスッキリした小顔を半永久に維持することができます。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
注射前
注射前です。
エラの骨が張っていますが、それ以上にエラの筋肉(咬筋)が発達しており、正面から見て、顔の下半分の横幅が広く、顔が大きく見えています。
注射直後
注射直後です。
やや浮腫んでいますが、帰る前に冷やしていただくと、ほとんど目立たなくなります。
注射後は徐々にエラが細くなっていきます。
2週間くらいで効果が感じられ、1ヶ月後には完全に効果が現れます。
お化粧してお帰りいただけます。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
かなり細くなりました。
6ヶ月ほどでボトックス・ボツリヌストキシンの薬理作用はなくなりますが、1回の注射で、3~4割程度の小顔効果は半永久に持続します。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大