症例写真

非常にエラが張っている男性にエラボトックス注射を行い、劇的な効果があった症例写真

ビフォー・アフター
Before After(5週間後)
Before After(5週間後)
Before After(5週間後)
高須幹弥医師からのコメント

20代の男性患者様で、エラが張っているのを改善したいという御要望でした。
診察すると、エラの骨が張っていましたが、それよりもはるかにエラの筋肉(咬筋)が発達して張っていました。
このようなタイプの方は、エラ削り(骨切り)をするよりも、エラボトックス・ボツリヌストキシン注射でエラの筋肉を萎縮させるほうが効果が大きいため、まずエラボトックス・ボツリヌストキシン注射をしました。
注射後4週間にはかなりエラの筋肉が萎縮し、大きな小顔効果がでました。
エラボトックス・ボツリヌストキシン注射は、5回程度行うと、ほとんど元に戻らなくなり、もう注射する必要がなくなることが多いです。
今は最初からエラ削りをする人はほとんどいなく、まずはエラボトックス・ボツリヌストキシン注射で様子を見て、それでも満足しない場合にエラ削りをすることが多いです。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
注射前
注射前です。
2週間後
2週間後です。
5週間後
5週間後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大