症例写真

35年前に当院で豊胸手術をして、全く問題はないが、ご本人の希望でプロテーゼを抜いた症例写真

ビフォー・アフター
Before After(1ヶ月後)
Before After(1ヶ月後)
Before After(1ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

70代女性の患者様で、35年前に当院でシリコンジェルバッグプロテーゼによる豊胸手術を受けており、プロテーゼを抜いて元の胸に戻したいという御要望で来院されました。
診察したところ、見た目は非常に美しく、触り心地も柔らかく自然で、全く問題ありませんでした。
私が、「全く問題がないのに、何故プロテーゼを抜きたいのですか?」と質問したところ、「死ぬ前に本来の身体に戻して天国に行きたいのです」と仰っていました。
私は、「死んで火葬されても、シリコンバッグプロテーゼは完全に燃えてなくなってしまうので、わざわざ抜かなくてもよいのではないですか?」と説得したところ、「天国でご先祖様と会うときは、本来の身体で会いたい」と仰るので、ご本人の気持ちを尊重し、バッグプロテーゼを抜くことになりました。
手術は全身麻酔で行い、元々あったワキの傷がバッグプロテーゼを除去し、30分程度で終わりました。
術後は本来の胸に戻り、萎んで垂れてしまいましたが、ご本人は、「これで胸を張って天国のご先祖様と会うことができる」と、大変喜んでいただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
来院時です。
35年前に当院で豊胸手術を受けています。
全く問題はありませんが、シリコンバッグプロテーゼを抜くことになりました。
手術直後
手術直後です。
元々あったワキの傷から抜きました。
念のために、サクションドレーンを1日だけ留置しました。
バッグを抜く手術はバッグを入れる手術に比べ、術後の痛みや腫れはわずかです。
1週間後
1週間後です。
ワキの傷の抜糸をしました。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
腫れはほぼ完全に引いています。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大