症例写真

オールセラミッククラウン

ビフォー・アフター
Before After
Before After
Before After
高須久弥医師からのコメント

真ん中のすき間が気になるのと、右上2番が先天的欠損のため、右上3番(犬歯)が前に移動しており4番との間にすき間が生じています。
また、左上は矮小歯(わいしょうし)と呼ばれる小さな歯の為、左もすき間が生じています。
右側は、「2番の形にした3番・3番の形の欠損部ダミーおよび4番」の3本のオールセラミックのブリッジとし、真ん中の2本と左上2番の矮小歯の計6本のオールセラミッククラウンにて治療した症例です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大