症例写真

他院で非常に幅の広い二重を全切開法で作り、幅を狭く修正した症例写真(失敗手術の修正)

ビフォー・アフター
Before After(目を開けた状態)
 
  After(メイクあり)
(6ヶ月後)
Before(目を閉じた状態) After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、6ヶ月以上前に他院で目頭切開+二重まぶた全切開法を受けていました。
目頭切開は、三日月型皮膚切除法のようなやり方でされており、非常に傷が汚いです。
二重まぶた全切開法は、かなり皮膚を切除されており、二重の幅が異常なほど広い状態でした。
また、上まぶたの脂肪がかなりの量切除されており、大きく目がくぼんでいました。
「二重の幅を狭くして、自然に見えるようにしてほしい」という御要望だったのですが、皮膚や脂肪をたくさん切除されている例は、修正が非常に難しいです。
手術は、皮膚を切除しすぎて、目が閉じれなくならない程度に、前回の切開線を含めて、前回の切開線の睫毛側約3mm皮膚を切除し、眼瞼下垂手術に準じて、挙筋腱膜を前転し、眼窩内脂肪を引き出し、固定しました。
傷はなるべく綺麗になるように、細かく丁寧に縫合しました。
目頭切開の部分は、今回はノータッチです。
術後は、まだ二重の幅は広いですが、術後に比べ、だいぶましになりました。
前回の手術で皮膚を切除しすぎていなければ、もう少し綺麗に修正できたのですが、今回はこれが限界です。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:正面(目を開けた状態)

手術前
来院時(術前)です。
他院で二重まぶた全切開法と目頭切開を受けています。
二重の幅を狭くする修正手術をしました。
手術直後
手術直後です。
強い腫れがありますが、麻酔によるものが大きいです。
1週間後
1週間後の抜糸直後です。
腫れていますが、すでに幅が狭くなっています。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
6ヶ月後
メイクなし
6ヶ月後(メイクなし)です。
腫れはほぼ完全に引いています。
だいぶ幅が狭くなりました。

メイクあり
6ヶ月後(メイクあり)です。
メイクすればそれほど違和感はないと思います。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■術後の経過:正面(目を閉じた状態)

手術前
術前の目を閉じた状態です。
手術直後
手術直後の目を閉じた状態です。
目が閉じていませんが、これは麻酔の影響なので、問題ありません。
6ヶ月後
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷も綺麗になりました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大