症例写真

眼瞼下垂手術をして、まぶたの窪みを解消させ、二重を作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、二重まぶたにして目を大きくしたいという御要望で来院されました。
上まぶたの脂肪が少ない上に、眼瞼下垂を呈しており、目の上が大きく窪んでいました。
本来、二重まぶたというのは、まぶたが大きく開いて、二重のラインで皮膚が折れ曲がり、二重のラインの上にボリュームののった皮膚が被さってできるものです。
この方のようにまぶたが大きく窪んでいると、二重のラインの上に被さるボリュームがないため、埋没法、ミニ切開法、全切開法などの二重まぶたの手術をしても二重を作ることができません。
まず眼瞼下垂手術をしてまぶたの開きを良くし、腫れが引いた後に必要に応じて上まぶたの窪みにヒアルロン酸を注射することをお勧めしました。
眼瞼下垂手術は、二重のラインがあったと思われるシワの位置で切開して黒目が8割くらい見えるようにまぶたの開きを良くし、内部処理をして二重のラインを作りました。
眼瞼下垂手術をして6ヶ月の時点では、まぶたの開きが良くなったことにより、目から眉までの距離が近くなって、まぶたの窪みが少し解消され、綺麗な二重のラインができました。
まだ少しまぶたの窪みがあり、これを解消するにはヒアルロン酸注射が必要ですが、この方はそれは望まなかったため、このまま様子をみています。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
元々あった二重らしきラインで切開して、眼瞼下垂手術をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
まぶたの開きが良くなり、二重になりました。
この方のように、元々まぶたが窪んでいる人は、腫れが出て調度よく窪みが埋まるので、それほど腫れが目立たないことが多いです。
1週間後
1週間後です。
少し腫れが引いてきました。
腫れが引くと、腫れによって解消されていたまぶたの窪みが少し現れてきます。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ腫れは引きました。
手術前に比べ、まぶたの窪みが解消されたのがわかります。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大